サボテンと写真

大好きなサボテンや花の写真を中心にしたブログです。

昨日のメッテニアムス錦に似ている?テネラ

テネラ2017-0520blog

 今日の写真はハオルチア・テネラです。

 この姿、昨日のブログのメッテニアムス錦に似ていると思われませんか。メッテニアムス錦はセンペルビウム、テネラはハオルチア。全く異なる分類のはずです。どちらも小型で葉の周囲に小さな毛が生えています。メッテニアムスの斑のない苗だともっと似ているでしょう。

 このテネラは直径4cmほどで、もう一人前の大きさなんでしょう。花茎を出してきています。葉の形はブラックベルディアナと似ていますが、色合いはもっと明るい緑です。これくらい小さな品種なら2寸鉢(6cm)でも十分育てられるでしょう。OLさんが窓辺の狭いスペースで多肉を育てられたりするにはちょうど良い大きさです。最近は、多肉植物に若いOLさんなどの女性ファンが増えていると聞きます。私もこういうの好きですが、感覚だけは若い女性と同じだったりして・・・・。
    




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2017/05/25(木) 21:18:12|
  2. ハオルチア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

念願のメッテニアナム錦ゲット。

メッテニアナム錦2017-0520blog

 以前から気になっていました、センペルビウム・メッテニアナム錦です。ようやくゲットしました。

 本当に小さな苗で2.7cmほどでした。こんなに小さくても人気があって結構高価。それでもってなかなか入手出来ませんでした。元々小型種のようで余り大きくならないそう。成長も遅くて、子供を出して増やすこともなかなか大変と聞きます。

 緑の葉に白い斑が周囲に入っています。覆輪というタイプ。綺麗でかわいいです。ずーっと以前から欲しいと思っていたのですが、ヤフオクなどでもなかなか入手出来ませんでした。今回は楽天のフリマで発見。すぐにゲットしました。この苗を一杯増やして売ればいい商売になるでしょうが、そう簡単に大きくはならないでしょう。以前センペルビウムのガゼルという品種を育てていましたが、涼しい頃は良いのですが、夏場の暑さで枯れかけました。センペルビウムは暑さに弱そうです。今年の夏もエアコンで冷房の予定です。うまく乗り切れるかな・・・・。
    




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2017/05/24(水) 21:32:18|
  2. センペルビウム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「日月」入手しました。

日月2017-0430blog

 先日マミラリアの苗を1本入手しました。「日月」と言います。

 小さな疣をびっしり連ねて、その中からピンクのかわいい花をいっぱい咲かせています。非常に繊細なサボテンです。刺座には白い縁棘と、1本の黒くて太短い刺があります。独特の姿と味わいがあります。マミラリアのサボテンはずーっと昔から好きでしたが、この苗を見るまで知りませんでした。一応この苗も白系マミラリアと呼べるかもしれません。

 それにしてもこの花、たくさん出てきています。一重にサボテンの周りを取り囲むように咲いて、なおまだ蕾がいっぱい出てきています。これだけ花数が多いのも滅多にありません。

 今、この苗が8cmくらい。さてどれくらい大きくなるのでしょう。今後はどこまで大きくできるかを探ることにしましょう。
    




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2017/05/23(火) 21:24:12|
  2. マミラリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年も咲きました白閃小町の花

白閃小町2017-0430blog

 今年もノトカクタス・白閃小町の花が咲きました。純黄色で雌しべだけが真っ赤な特徴的な花です。

 この白閃小町、5cmほどの苗を購入してからもう6年ほどになるでしょうか。一応順調に大きくなってきています。今、直径は10cmを超えました。さてどこまで大きくなるのでしょうか。そろそろ直径はこれくらいが目一杯のように感じます。最近は少し背が高くなってきたような。そのうち子吹きでもするのかもしれません。もともと、ノトカクタス属というのは余り大きくならないようで、10cmを越すような大株は余り見かけません。

 よくホームセンターや、100円ショップで売られているサボテンの中にはノトカクタスの青王丸や獅子王丸などなどをよく見かけます。比較的小さな時からよく花を着け、生育も良いことからこういう店での販売が多いのだと思います。でもほんとうに、ノトカクタスの仲間には美花種も多くあるようです。赤花や紫系の花など時々ネットで見かけます。今度良い苗があれば入手してみたいと思います。花を確認して購入するにはちょうど今頃が良いんですが、良い苗は見つかるでしょうか。
    




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2017/05/22(月) 20:52:22|
  2. ノトカクタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

皇帝ダリアの挿し木苗

皇帝ダリア2017-0430blog

 5-6年前、初めて皇帝ダリアを植えて、晩秋の頃綺麗に咲いたと思ったら、急に寒波が来て一夜にして枯れてしまった事がありました。それからそのことがあってからしばらく栽培をやめてしまっていましたが、去年再挑戦と言うことで、鉢植えで何とか花を咲かせることが出来ました。

 去年の開花のあと、なんとか来年に向けて苗を増やせないかと、ネットで見かけた茎の挿し木をしていました。花の終わった後の茎を15-20cmの長さに切って植木鉢の中に挿して、温室に取り込んでいました。屋外は冬になると0度以下になるのでそんな冬の間に発根することは無理だろうと暖かい温室内に取り込んでいたのでした。我が家の温室は去年からのエアコンの導入で、一番寒いときでも10度前後を維持していました。

 そんな状態で、何とか冬を越したのが上の写真の苗。5本挿し木して、1本は大きな芽を出してきています。他の4本は芽はまだ出していないものの、根は出ていて、これから芽を出しそうな苗もありました。一応、全部今年は畑の夏野菜を植えているそばに植えました。開花の頃寒波が来てうまく咲かないようなこともあるかもしれませんが、年々暖冬化は進んできているのでうまくいく可能性もあります。

 去年植えていた植木鉢栽培の皇帝ダリアの方は、茎を30cmほど残してそのままにしていたら、そこから芽を出してきています。これはそのままにしておこうと思います。皇帝ダリアは、普通のダリアと違って、球根が出来ず、宿根草のように根が翌年まで残ってそこから芽を出すようです。去年の茎を少し残しておけば、そこから芽を出してきます。ただし、冬の寒さが厳しいところでは、戸外に苗を置いていると寒さで腐ってしまい、翌年芽を出さないこともあるようです。

 下の写真は去年の開花の様子です。植木鉢栽培だったので花数は少なめでしたが、それでも10個以上は花を咲かせました。さて今年は何本育って、どれくらい花を咲かせてくれるでしょう。

皇帝ダリア2016-1122-2blog
    




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2017/05/21(日) 19:14:13|
  2. 野菜と花の栽培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ysc726

Author:ysc726
サボテンとカメラを趣味とする男性です。
サボテンの魅力を引き出してサボテン愛好家を少しでも増やせるようなブログにしたいと思っています。
サボテン以外の写真も含まれるかもしれませんが。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
マミラリア (457)
牡丹類 (30)
ハオルチア (100)
私の経歴 (1)
兜丸類 (73)
プレゼント (2)
ギムノカリウム (65)
ランポウ類 (118)
エピテランサ (45)
エキノカクタス (118)
ベンケイソウ科 (7)
ロホホラ (37)
テロカクタス (38)
ネオポルテリア (7)
毛柱類 (5)
エケベリア (5)
ノトカクタス (17)
グルメ (2)
クリスマスローズ (1)
ソリシア (3)
フェロカクタス (40)
ジャズ (1)
野菜と花の栽培 (105)
水やり (1)
植え替え (1)
アストロフィツム (16)
エキノケレウス (11)
タケノコ (1)
接ぎ木・接ぎ下ろし (46)
サボテン写真集 (1)
実生・採種 (39)
クラインジア (17)
エキノプシス (8)
多肉植物 (20)
その他 (70)
コリファンタ (10)
旅行・行楽 (16)
肥料・栄養剤 (1)
ペレキフォラ (46)
ホマロケフェラ (5)
ロビオプシス (14)
アガベ (8)
ユーベルマニアナ (23)
ロビビア (7)
コノフィツム (2)
センペルビウム (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR