サボテンと写真

大好きなサボテンや花の写真を中心にしたブログです。

また咲いた白鯱の花

白鯱2012017-0305-1blog

 去年の末、蕾が付いた状態で入手したギムノカクタス・白鯱ですが、一度花が咲いて終わっているのに、また花を着けました。2度咲きなどと言うことは聞いたことがありません。まるで私が退院したのを花で祝ってくれているかのようです。

 普通、サボテンなどが花を着けるのは、冬咲きの花だと周りの環境が、気温が下がってきて、それを感じて蕾をつけ始めるということでしょう。それがこの苗の場合、去年の暮れまでに育てられていた温室と、私の温室の温度差が大きく変わり、季節を勘違いしたと思われます。私の温室は今年は特にエアコンの導入によって冬でもかなり高い温度をキープしています。それがサボテンたちにとって良いことなのかどうかは今のところよくわかりません。おそらく前にいた温室よりもかなり平均気温は高いと思われます。

 1年に2度も花を咲かせるということが良いことなのかどうかちょっと疑問ではありますが、今回はこのきれいな花に免じて良しとしましょう。

 お祝いありがとう。
    




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2017/03/10(金) 22:19:41|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心房細動のアブレーション手術から退院しました。

豊明丸群生2016-1218-2blog 写真はマミラリア・豊明丸の群生株です。

 2月の27日に入院、28日に心房細動のアブレーション手術をしてもらいました。

 そして昨日、なんとか退院することが出来ました。手術は一応うまくいき、手術後はほとんど不整脈は出ないでしょうとのことでした。実際、手術後、3日間の入院中には不整脈は出なくて、大丈夫かなと思っていましたが、早速昨日退院したあとに出始め、また夜中に止まり、今日も今少し脈が乱れています。どうも手術したからと行ってすぐに完全に直る訳ではなさそうです。聞いた話によると、手術によって心臓がやけどをしたような状態になっているため、手術後1-2ヶ月は不整脈が出る場合があるとか。ちょっぴり心配です。

 ここで、私の不整脈のお話を少ししておきましょう。私が不整脈を初めて発症したのは55歳の頃、今から9年ほど前です。私は45歳くらいから高血圧になって血圧を下げるお薬を飲んでいました。そのお薬がだんだん心臓に負担となって不整脈という形になって現れたと聞いています。特にカルシウム拮抗剤が長時間飲み続けることによって心臓の負担となって不整脈が出ることがあるようです。9年前に時点では、高血圧のお薬を別のタイプに変えることによいって、不整脈は出なくなり、去年の10月頃まではまずまずの状態を保っていました。

 それが、去年の10月頃から不整脈を防ぐお薬を飲んでいても出るようになり、病院へ行って相談した結果、そういう場合はカテーテルによるアブレーション手術をしないとしかたないですねといわれました。最近は高齢になると不整脈になる人が増え、70歳以上では10人に一人くらいの割合で不整脈を発症するそうです。私は今、64歳ですが、私の場合も時期的に早いだけでほぼ同じケースです。最近、不整脈の人が多いため、去年の10月時点で、3.5ヶ月待ちの状態ということでした。

 そして、ようやく手術が2月28日に行われました。心房細動のアブレーション手術とは、カテーテルで心臓内部の、不整脈の元の信号を出している部分の伝達経路となる部分をカテーテルの高周波の熱で焼いて信号を伝わらないようにする手術です。私の場合は、足の付け根の部分からカテーテルを3本入れ、首から1本、鼻から食道にかけて1本と、合計5本使用する結構大変な手術でした。カテーテルのため、外傷は少ないですが、手術後の今では、カテーテルの挿入口である、足の付け根部分には内出血による大きな赤黒い内出血の痕が残っています。この内出血のあとは1-2週間で消えるそうですが、カテーテルといえどもなかなか大変な手術だったことがよくわかります。

 手術時間は通常、4-5時間と言われ、結構長いですが、私の場合は4時間くらいで終わって比較的うまく行った方だと主治医の先生からは聞いています。

 実際の手術の時、手術室までは自分で歩いていき、そこで手術着に着替えて手術台に昇ったのですが、周りに20人くらいのたくさんの人がいてびっくりでした。テレビでキムタクが出演しているライフというドラマのような手術台が見渡せる様な窓などはありませんでしたが、どうも看護師の卵の人らしきのが見学に来ていたようでした。私の手術の時にはこんなに多くの人に見られていたのかと思うと、ちょっと恥ずかしいような気持ちでした。

 手術台の上では背中、胸部にいっぱい電極を取り付け、上からはレントゲンのスコープで映し出しているようでした。手術中のカテーテルの場所は、事前に撮影した心臓の三次元CT画像と、レントゲンの画像を重ね合わせてその位置を確認しながら作業を進めるということでした。確かに最近の医療技術の進歩には驚かされます。

 最初に、鼻から食道の温度を測る温度計型のカテーテルを挿入し、その後、麻酔薬を入れますよーと言う声が聞こえてからは全く意識がなくなり、気がついたら手術が終わって、病室に戻っていました。その間、約5時間。麻酔が切れるまではもうろうとしていましたが、痛みはほとんどなく、手術中の造影剤や、降圧剤などの影響で気分が悪い状態は続いていました。

 手術後はカテーテルの挿入口からの出血を防ぐため全く体を動かせない状態が続き、腰痛持ちの私としてはそれがきつかったです。手術から1日くらい経つと体が少しづつ、動かせるようになり、多少楽になりましたが、気分はすぐには回復しません。私の場合、元々夜の寝付きが良くなくて、旅行などに行っても寝られないことが多く、手術前からほとんど熟睡できない状態が続き、それもつらいことでした。

 手術後、3日間は入院で、その間は動悸はあったものの、不整脈は出ず、これはかなり良い調子ですねということで、3月3日に無事退院できました。ですが、退院直後の3日の夕方から不整脈が出始め、かなり不安な状態となってきました。一応、手術後は時々不整脈が現れることもあるが、徐々に収まっていくと聞いていましたので、今はその状態を見守っている段階です。

 私の場合、手術前から夜寝られない状態が5日ほど続き、体力の回復が遅れていたのかもしれません。昨日からは自宅でようやく睡眠も取れ、少しずつ体のだるさも取れていたように思います。入院中は個室でしたが、ナースセンターの近くで、夜中中ナースコールの、ぴぴぴぴーという音が響き、全く寝られませんでした。この辺は何とかならないものかとつくづく思います。

 まだ不整脈が落ち着いていないため、ブログの更新は少なめになりそうですが、少しづつ元に戻していこうと思います。また気長にお待ちくださいますようお願いいたします。

 それと、サボテン、多肉達は手術前に灌水しておいたため、一応それなりに元気な状態のようでした。一部鉢の水が乾ききったものが多かったので、今日一斉に灌水しておきました。一応従来通りということで一安心でした。植え替えがほとんど出来ていないので将来はかなり不安ではありますが・・・・。
    




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2017/03/04(土) 20:55:08|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

大晦日 今年も魚の棚でお買い物

魚の棚2016-1231blog

 今年も大晦日、例年通り明石市の魚の棚商店街へ買い物に出かけました。

 自宅を9時過ぎに出て、魚の棚に付いたのが10時頃、もう駐車場はほぼいっぱいです。普段の魚の棚商店街は人影もまばらで、余り活況がありませんが、年末だけはほんとに人がいっぱいです。私たちの利用する駐車場は、魚の棚商店街の東出口の前にある駐車場で、何とか10時頃まではスムーズにおけますが、それ以降はかなり駐車場にはいるだけで待たないといけなくなります。魚の棚に行くなら午前10時前までに着くようにされると良いでしょう。

 午前10時過ぎでこの人盛り。これが12に頃になると身動きも取れないような状態になります。テレビの取材も来ていて、商店街の中の焼き鯛を専門にしているところでは、年末だけで5000匹の焼き鯛を作って売り切るそうです。今日も長い行列が出来ていました。

さきいか屋さん2016-1231blog

 毎年、買うのですが、魚の棚商店街の入り口付近にある、さきいか屋さんです。炊きたてのするめいかを、自動でイカを裂く機械で作りながら実演販売しています。作りたてのさきいかは良い香りがしてそれに誘われて毎年買ってしまいます。私は今はお酒を控えていますが、お酒好きの方のおつまみには最高でしょう。

 そのあと、お正月のぶりや、名物のイカの煮物、茎わかめの佃煮などを買ってきて、帰りに子供達、孫達でみんなで蔵寿司で食事をして帰りました。これでお正月が迎えられます。

 ちなみに、ぶりは大きめのを1/2匹分買って、うちに帰ってから私が料理します。片身の魚をまず上下二つ割りにして、骨などをはずし、背とハラミから10きれほど照り焼き用の切り身を取り、残りを刺身用に切り分けます。骨の周りや頭はあら炊き用に切り分けて残します。これで、照り焼き用と、刺身、あら炊き用の3種のぶりが取れました。あら炊き用は冷凍して1月中旬頃までは置いておけます。刺身は31日の夕食に頂き、照り焼きは1月1日か2日の食卓にのぼります。

 スーパーで切り身だけを買ってくるとかんたんですが、こういういろんな食べ方をすることが出来ません。自分自身で料理できるというのはこんな利点もあります。でも私が年を取って、料理が出来なくなったらどうなるんだろうと、ちょっと不安になります。今のところ私以外に料理できる者がいないので・・・・。まあ、そんな先のことを考えても仕方ないので、とりあえずは成り行きに任せるしかありませんが・・・・。
     




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/12/31(土) 22:02:40|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白鯱の花が咲いています。

白鯱2016-1218-1blog

 ギムノカクタス・白鯱がきれいな花を咲かせています。

 この苗は最近入手した物。以前から花のきれいな苗だと聞いていまして、いつか手に入れたいと思っていたら、偶然ヤフオクで見かけて即購入しました。3頭立てで、小さいときに胴切りして3頭にした物のようでした。ギムノカクタスというのは今まで育てたことがなかったので昔の資料で調べてみました。

白鯱2016-1218-2blog

 原産地は北米産のようですが、高地性のサボテンのようで、ひょっとして育てるのは結構難しいかもしれません。高山植物と同じような性質を持っているとすると、どういう風に育てたら良いんでしょう。朝夕の寒暖の差が大きい方がいいのかもしれません。どうもうちの温室内のエアコンで温度管理した温度状況では合わないかもしれません。

 こんなにきれいな花を咲かせるのに、何とかうまく育てたいと思います。とりあえずはよく日に当てて、様子を見てみましょう。来年もきれいな花が見られますように・・・・。
     




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/12/26(月) 22:31:07|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年3度目の花、月下美人

月下美人花2016-0924-1blog

 なんとまあ、我が家の月下美人が今年3度目の花を咲かせました。今までは、夏前に一度だけしか花をつけなかったのが、今年は3度目、合計4輪も咲かせてくれました。これは今年の初めに植え替えして、根の張りが良くなったのが要因でしょう。新しい枝もたくさん出ています。来年はもっとたくさん咲くかもしれません。やっぱりサボテンは植え替えを適切にしてやるのがうまく大きくするこつなのだと痛感します。

月下美人花2016-0924-2blog

 うちでは接ぎ木に使う台木の袖ヶ浦も時々開花します。袖ヶ浦の花もこの月下美人に似て、きれいです。花の大きさは月下美人の方が少し大きいくらい。でも一番の違いは花の後ろに広がる細い花弁の部分でしょう。ちょっとオレンジがかった細い花びらを後ろに反り返るようにして広げます。この辺が他のサボテンの花と違うところ。前へ広がる花弁と、後ろに反り返る花弁。この部分が月下美人の花の一番の魅力です。花茎も袖ヶ浦はまっすぐな10cmくらいなのに比べて、月下美人は25cmくらいで反り返った形で花を横方向に持ち上げてきています。花の重さだけでも結構重いです。薄くてぺらぺらの葉から垂れ下がるので、支柱にくくっていないと葉の部分が折れてしまいそうです。こんなに薄い葉からこんなにも大きな花が咲く事は信じられません。

 さすがにもう9月も後半。今年の花は終わりでしょう。来春までは今年延びてきた葉を傷つけないように育てます。ここに来年また花芽を付けてくれるはずです。今年の冬に寒さはどうかな。余り冷えすぎないことを祈ります。
    




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/09/26(月) 22:55:06|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ysc726

Author:ysc726
サボテンとカメラを趣味とする男性です。
サボテンの魅力を引き出してサボテン愛好家を少しでも増やせるようなブログにしたいと思っています。
サボテン以外の写真も含まれるかもしれませんが。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
マミラリア (453)
牡丹類 (30)
ハオルチア (97)
私の経歴 (1)
兜丸類 (73)
プレゼント (2)
ギムノカリウム (65)
ランポウ類 (117)
エピテランサ (43)
エキノカクタス (115)
ベンケイソウ科 (7)
ロホホラ (37)
テロカクタス (36)
ネオポルテリア (7)
毛柱類 (5)
エケベリア (5)
ノトカクタス (16)
グルメ (2)
クリスマスローズ (1)
ソリシア (3)
フェロカクタス (40)
ジャズ (1)
野菜と花の栽培 (102)
水やり (1)
植え替え (1)
アストロフィツム (14)
エキノケレウス (11)
タケノコ (1)
接ぎ木・接ぎ下ろし (46)
サボテン写真集 (1)
実生・採種 (39)
クラインジア (17)
エキノプシス (8)
多肉植物 (20)
その他 (66)
コリファンタ (10)
旅行・行楽 (15)
肥料・栄養剤 (1)
ペレキフォラ (45)
ホマロケフェラ (5)
ロビオプシス (13)
アガベ (8)
ユーベルマニアナ (23)
ロビビア (6)
コノフィツム (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR