サボテンと写真

大好きなサボテンや花の写真を中心にしたブログです。

久しぶりに岡山サボテン同好会に行ってきました。

 少し時間が経過しましたが、先日の日曜日、6月18日に岡山サボテン同好会の例会に出席のため、岡山まで行ってきました。

 私の住んでいるのは兵庫県の小野市。岡山までは車で山陽自動車道をとばして1時間半ほどかかります。その高速料金は片道1800円ほど。かなりの出費のためなかなか出かけることが出来ません。それに、去年の暮れからの体調不良も重なり、かれこれ10ヶ月ぶりくらいでしょうか。本当に久しぶりです。

 最近は岡山方面へ出かけるときには途中に日生(ひなせ)によって、五味の市で焼き穴子を買うのが定番になっています。日生の焼き穴子はおいしいことで有名で、観光バスも立ち寄るほどと聞きます。おいしいタレを付けて焼いた穴子は、穴子どんぶりにしていただくと最高です。いつも、娘達の分も併せて、6匹買って帰ります。

 その後、道筋にある、岡山市の備前海の駅に立ち寄り、新鮮な魚を購入。その日は、サワラのおいしそうなのがあったので、片身を購入して、土産にしました。備前海の駅は、最近人気の道の駅の海バージョンとも言えるような店です。地元の新鮮な魚が安く売られています。人気があっていつ行っても人がいっぱいです。ちょうど昼時ということもあってそこで、すしの盛り合わせを購入して車の中で頂きました。10巻入って540円。100円寿司と変わらぬ値段で、本格的なお寿司が食べられました。おいしかったです。
大型レツーサ錦2017-0618blog

 その後、車で岡山のサボテン同好会の会場に到着。ちょうどその時に、ミニ展としてハオルチアを課題として、品評会が開催されていたので、私も我が家の温室から大型レツーサ錦を持っていって出品しました。結果は初めての入選で、2等賞を頂きました。賞品などはありませんでしたが、初めて賞を頂いて嬉しかったです。

ブラックオブツーサ錦2017-0618blog

 その後、同時開催で、ハオルチアで有名なカクタスニシさんの即売会があり、2本ハオルチアを購入して帰りました。1本はドドソン紫オブツーサ、もう1本は写真のブラックオブツーサ錦です。小さな苗が7000円という結構な値段。さてどうでしょうか。良い買い物だったのか、1年ほど育ててみないと何とも言えませんね。

今回の写真は最近変えたスマホで撮っています。アイフォン6。写りは綺麗ですが、画面の湾曲が気になります。サボテンではそれほどわかりませんが、人物を撮ると歪んでいるのが気になります。もう少し改善を希望したいところです。
    




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2017/06/21(水) 22:30:20|
  2. ハオルチア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

少しピンクがかってきたピクタ

白銀ピクタ2017-0602blog

 白銀ピクタという名前で入手した苗です。ハオルチア・ピクタ

 もう入手して2年近くになるでしょうか。最初はどうと言うことのない苗でしたが、最近は肌の色が少しピンクがかってきて、結構綺麗になってきました。成長は少し遅めのようで、余り旺盛に成長しているという感じはしません。元々小型種のようで、この苗は直径は毛これ以上大きくならなさそうです。コンプトや、コレクタなどと比べるとずっと小さく、それ故繊細な印象がします。

 最初は肌の白点が煩わしい様な印象を持っていましたが、だんだん肌模様として魅力に感じても来ました。コンプトなどの透明感のある肌(窓?)が魅力の種類もあれば、こういう風に透明感はなくても模様の渋い品種もまた良い物です。ピクタはやっぱりその肌の赤みが出てくる方が魅力的に感じます。もう少し日に当てる方がいいのかもしれません。少しずつ日照を増やしてやってみましょう。
    




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2017/06/06(火) 21:58:29|
  2. ハオルチア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日のメッテニアムス錦に似ている?テネラ

テネラ2017-0520blog

 今日の写真はハオルチア・テネラです。

 この姿、昨日のブログのメッテニアムス錦に似ていると思われませんか。メッテニアムス錦はセンペルビウム、テネラはハオルチア。全く異なる分類のはずです。どちらも小型で葉の周囲に小さな毛が生えています。メッテニアムスの斑のない苗だともっと似ているでしょう。

 このテネラは直径4cmほどで、もう一人前の大きさなんでしょう。花茎を出してきています。葉の形はブラックベルディアナと似ていますが、色合いはもっと明るい緑です。これくらい小さな品種なら2寸鉢(6cm)でも十分育てられるでしょう。OLさんが窓辺の狭いスペースで多肉を育てられたりするにはちょうど良い大きさです。最近は、多肉植物に若いOLさんなどの女性ファンが増えていると聞きます。私もこういうの好きですが、感覚だけは若い女性と同じだったりして・・・・。
    




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2017/05/25(木) 21:18:12|
  2. ハオルチア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンプトニアナ3態

コンプトニアナ1-2017-0403blog

 今日は、我が家のハオルチア・コンプトニアナをご紹介しましょう。コンプトニアナはハオリチアでは割合ポピュラーな品種でしょう。でもその中にはいろんなタイプがあって、いいタイプの苗は高価で取引されているのもあります。

 上の写真は、厚葉タイプで、こんもり盛り上がるのが特徴。葉の模様は網目模様がきれいに出ています。直径11cmに対して高さは8cmほどあります。よく花を咲かせて何もしないのに自家受精していることがあります。前にこの苗とレツーサ錦を交配して種を取り実生しましたが、斑入りはゼロでした。ひょっとするとこの苗自身で自家受精していたのかもしれません。そうなら斑が出なくて当然ということになります。

コンプトニアナ2-2017-0403blog

 こちらは一番最初にヤフオクで入手した苗。木の葉タイプコンプトという名が付いていました。小型のようで、葉の大きさは1.5cmくらい、直径は今で8cmほど。もうこれ以上直径は大きくならなさそうです。葉の模様は木の葉のように見えなくもないですが、ちょっとピクタの性質が入っているようにも見えます。

コンプトニアナ3-2017-0403blog

 こちらは一番大型そうな苗、酒井コンプトという名前が付いていました。葉は少し細長い形ですが、透明感があってきれいです。網目模様もきれいに出ています。今、最大径で12cm強ありますがまだ大きくなりそうです。まだ葉数はそれほど多くないので、もっと葉数が増えれば、迫力が出てくるでしょう。将来が楽しみです。
    




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2017/05/04(木) 19:14:09|
  2. ハオルチア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宝草錦のカキコがこんな状態に

宝草錦カキコ2017-0423blog

 3週間ほど前、ハオルチア・宝草錦にいっぱい出てきていた子供を掻き取って挿し木しました。

 それが今ではこんな状態に。手前の2本を除きほとんどが枯れてしまいました。というのは、手前の2本だけが緑の部分があり、他は全部が斑の部分のみで、全斑の状態でした。今手前の両側に2本残っている苗もいずれは枯れてしまうでしょう。やっぱり、葉緑素のない苗は自分自身では根を出すことが出来ず、枯れてしまいます。少しでも緑の部分があれば育つ可能性はありますが、緑の部分が少ないほど弱い傾向になります。

 どうも、親の斑入り苗から子供が出るとき、どういう訳か全斑の子供が出やすいように感じます。全斑の子供は親にくっついているときは良いのですが、親から切り離すと枯れてしまいます。どうもなかなかうまくいかない物ですね。でも今回は2本だけでも育ってくれそうで、まだいい方かもしれません。大事に育てなければ・・・・・。
    




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2017/04/30(日) 22:32:44|
  2. ハオルチア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ysc726

Author:ysc726
サボテンとカメラを趣味とする男性です。
サボテンの魅力を引き出してサボテン愛好家を少しでも増やせるようなブログにしたいと思っています。
サボテン以外の写真も含まれるかもしれませんが。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
マミラリア (458)
牡丹類 (30)
ハオルチア (102)
私の経歴 (1)
兜丸類 (73)
プレゼント (2)
ギムノカリウム (67)
ランポウ類 (122)
エピテランサ (47)
エキノカクタス (124)
ベンケイソウ科 (7)
ロホホラ (37)
テロカクタス (39)
ネオポルテリア (7)
毛柱類 (5)
エケベリア (5)
ノトカクタス (18)
グルメ (2)
クリスマスローズ (1)
ソリシア (3)
フェロカクタス (40)
ジャズ (1)
野菜と花の栽培 (105)
水やり (1)
植え替え (1)
アストロフィツム (17)
エキノケレウス (11)
タケノコ (1)
接ぎ木・接ぎ下ろし (46)
サボテン写真集 (1)
実生・採種 (39)
クラインジア (17)
エキノプシス (9)
多肉植物 (20)
その他 (71)
コリファンタ (10)
旅行・行楽 (16)
肥料・栄養剤 (1)
ペレキフォラ (46)
ホマロケフェラ (5)
ロビオプシス (16)
アガベ (8)
ユーベルマニアナ (23)
ロビビア (8)
コノフィツム (2)
センペルビウム (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR