サボテンと写真

大好きなサボテンや花の写真を中心にしたブログです。

ロビオプシスの花

ロビオプシス2017-0602blog

 先日、夢耀丸の花が咲いたとき、1個目は袖ヶ浦と交配し、2個目の花が咲いたとき、たまたま同時に咲いていたロビオプシスの花があったので、それと交配してみました。

 このロビオプシス、かなり大株で、毎年多くの花を咲かせてくれます。花は、大きさが7cmくらい。薄いピンクで、夢耀丸の花を見るまでは結構いい花だと思っていました。それが夢耀丸の花の大きさ、形の良さ、色合いなどを見てしまうとその違いに気付き、急に物足りなくなりました。おそらくこの苗は趣味家の方が自分自身で交配され作出された苗だろうと思います。数あるロビオプシスの花サボテンの中ではとりわけすばらしいというほどの物ではありません。ただ昼咲きで花数が多いのは良い点だと思います。

 そんなことで、たまたま花の時期が合ったので、一応交配してみました。この苗を種親として、夢耀丸の花粉を付けています。現在、交配から約1週間弱、どうやら授精したようです。これで種が取れれば実生してみたいものです。でもその花が見られるのはその後4-5年後でしょう。その頃まで元気でいられるかちょっと不安もあります。でもそれを励みにがんばろうと思うことにしました。元気でいなくちゃ。
    




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2017/06/09(金) 21:31:19|
  2. ロビオプシス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巨大輪 夢耀丸 開花しました。

夢耀丸花2017-0602-1blog

 今年入手した、大きな花の咲く美花種、夢耀丸の花が咲きました。

 直径15cm近い大輪で、ピンクのストライプのある白花です。花茎は非常に長く23cmほどあります。花弁の外側の方は大きくカールして根本に近い方まで反り返っています。この花の形は、そう月下美人と似ています。それもそのはず、この夢耀丸というのは、ロビオプシスと柱サボテンの「新橋」を掛け合わせて作られた交配種とのこと。花の形は柱サボテンの花の特徴でしょう。そして花色はロビオプシスの特徴を遺伝的に持っているのでしょう。とにかくすごい花です。それに綺麗。

夢耀丸花2017-0602-2blog

 側面から撮影するとこの花の形がよくわかります。確かにこの形は月下美人とよく似ています。柱サボテンや月下美人などはかなり大きくならないと花が咲きませんが、この夢耀丸は直径8cm、高さ20cmくらいで比較的小さめです。この苗の大きさでよくこんな花が咲くものだと感心します。

夢耀丸花2017-0602-3blog

 花だけ撮っていても大きさがよくわからないので、ペクチニフェラ錦をバックにして1枚撮りました。直径9cmくらいのペクチニフェラ錦がすっぽり花の中に入ってしまうほどの大きさです。

 ちなみにこの花は夜咲きでした。この辺は柱サボテンの特徴でしょう。昼咲きならもっと良かったのにと思うのは贅沢でしょうか。この花の開花は昨日の夜8時頃、翌朝10時くらいに見に行くとまだ開いていました。少し花びらがなよっとしたような感じで、結局昼くらいには閉じてしまっていました。やっぱり一夜限りの花でした。でもこの花は一見の価値有りです。良いですよ。
    




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2017/06/02(金) 21:04:08|
  2. ロビオプシス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蕾が出始めたロビオプシス達

ロビオプシス1-2017-0423blog

 暖かくなってくると、ロビオプシスなどの花サボテンが蕾をつけてきます。

 ロビオプシスとは、花サボテンとして有名なロビビオ属と丈夫で成長の早いエキノプシス属のサボテンを交配して作出された園芸品種です。ロビビオ属の色彩豊かで花付きの良い性質と、エキノプシス属の成長の良さを併せ持った性質で、可憐で大きな花をたくさん咲かせます。品種名の付いている物もありますが、そういうのは有名な方が作出された物。一般の園芸家の方が交配して作出された品種には品種名が付いていない物も多いです。

 今回の写真の物は品種名がない物です。とはいってもいい色の花をたくさん咲かせてくれます。

ロビオプシス2-2017-0423blog

 これらの鉢の苗は成長が早く、鉢が小さく見えたので先に植え替えしています。さすがにエキノプシスの性質を受け継いでいるのか、成長が早いです。この鉢の苗は根が鉢の上からはみ出して下まで垂れていました。その根を切らずに一回り大きめの鉢に植え替えました。それでもまだ鉢が小さめなので、また上から根が出てくるかもしれませんが。

ロビオプシス3-2017-0423blog

 こちらは少し小さめ、それでも直径8cmくらい。確かきれいな花だったと思いますが、1年経つとどんな花だったのか忘れてしまいます。今年はきっちり写真にとって残しておこうと思います。花の咲いている期間は1日から2日、ついつい忙しかったりすると写真を撮れずに終わってしまうこともありました。それに天候もそうです。たまたま咲いたときに天候が良くないと、写真が撮れないときもあります。今年はうまく写真が撮れますように・・・・・。
    




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2017/05/03(水) 21:05:42|
  2. ロビオプシス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年になって4度目、ロビオプシスのきれいな花

ロビオプシス2016-0831blog

 また、ロビオプシスの花が咲きました。この苗、今年になって4度目の開花です。

 濃いピンク色のきれいな花です。花径も8cmくらいと大きく見応えがあります。この苗、元気が良くて、今年の春に植え替えするときには鉢の側面から根を出して鉢の外にまで根を出してきていました。春に植え替えてからも元気そうで次々蕾をあげてきていました。こんな秋口まで花を継続して咲かせることは今までありませんでした。

 一つ困ったこともあります。この苗どうしても少し斜めに傾いてきてしまいます。鉢の横に石を突っ張りのように置いてみてもなかなか直りません。どうも苗の根元に出てきた子が土を押し上げて、傾かせているような感じです。これはこの子を取り去ってしまわないと直らないかもしれません。苗の根元なのでうかつにはずしてそこから腐りでも入るとやっかいなので、今のところそのままにしておくことにしました。来年の春、植え替え時にはずすかどうか決めたいと思います。それまではこのまま元気に育ってくれることを期待しましょう。
    




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/09/04(日) 22:22:46|
  2. ロビオプシス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再び咲いた花、3種

紫野2016-0615blog

 今日は前にご紹介した苗で2回目、3回目の開花の写真を載せようと思います。サボテンは種類にもよりますが、元気なら1年に2-3回花を開くこともよくあります。今日ご紹介する苗も元気いっぱいで何度も花を咲かせてくれています。

 上の写真はロビビア・紫野です。これでおそらく3回目の開花です。7個同時開花となりました。いつ見てもきれいな花です。苗自身はそれほど大きくなくて、直径4.5cmくらい、高さ10cmくらい。でも花は結構大きいです。苗の勢いがあればほんとにたくさん咲いてくれます。お奨め品種です。

雷帝花2016-0615blog

 エキノカクタス・雷帝です。詳しくは太平丸の変種として扱われています。刺も良くて、花もきれい。今回は2個同時に開花しました。これも今年3度目の開花です。いつもよりもよく咲いています。

ロビオプシス赤花2016-0615blog

 こちらはロビオプシスの交配種の苗です。これも2回目の開花。前回よりも少し色が濃いです。花の直径8cmくらい。花の色も好きです。サボテンの花はやっぱり赤系がきれいですね。

 今年は結構たくさん花が咲きました。でももうそろそろ花も一段落。後残っているのは夏型のコリファンタくらいかな。また象牙丸の花もご紹介できそうです。
    




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/07/02(土) 22:43:03|
  2. ロビオプシス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ysc726

Author:ysc726
サボテンとカメラを趣味とする男性です。
サボテンの魅力を引き出してサボテン愛好家を少しでも増やせるようなブログにしたいと思っています。
サボテン以外の写真も含まれるかもしれませんが。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
マミラリア (458)
牡丹類 (30)
ハオルチア (102)
私の経歴 (1)
兜丸類 (73)
プレゼント (2)
ギムノカリウム (67)
ランポウ類 (122)
エピテランサ (47)
エキノカクタス (124)
ベンケイソウ科 (7)
ロホホラ (37)
テロカクタス (38)
ネオポルテリア (7)
毛柱類 (5)
エケベリア (5)
ノトカクタス (18)
グルメ (2)
クリスマスローズ (1)
ソリシア (3)
フェロカクタス (40)
ジャズ (1)
野菜と花の栽培 (105)
水やり (1)
植え替え (1)
アストロフィツム (17)
エキノケレウス (11)
タケノコ (1)
接ぎ木・接ぎ下ろし (46)
サボテン写真集 (1)
実生・採種 (39)
クラインジア (17)
エキノプシス (9)
多肉植物 (20)
その他 (71)
コリファンタ (10)
旅行・行楽 (16)
肥料・栄養剤 (1)
ペレキフォラ (46)
ホマロケフェラ (5)
ロビオプシス (16)
アガベ (8)
ユーベルマニアナ (23)
ロビビア (8)
コノフィツム (2)
センペルビウム (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR