サボテンと写真

大好きなサボテンや花の写真を中心にしたブログです。

キリンウチワと袖ヶ浦の根切り実験

スーパー兜接ぎ木4苗2014-0830blog

 遅ればせながら、サボテンたちの秋の植え替えを始めました。

 とりあえず、接ぎ木苗からと思ってやり始めましたが、さて根を切って植え替えした方がいいのか、はたまた根を切らずに植え替えした方がいいのか、迷ってしまいました。

 以前から、根は切らない方がいいんではないかと思って、なるべく切らずに植え替えしていましたが、伸びすぎた根や細く絡み合った根は切らないと植え替えできないときがあります。そういうときは根を切って数日間乾かして植えていましたが、台木用のキリンウチワや袖ヶ浦は根が丈夫なので、切った場合でもそのまま植え付けてもいいんではないかと思っていました。しかし、サボテンの栽培指南書などにはすべて、根を切ったときは乾かしてから植え込むと書いてあります。

 果たして、そうなのか。種類によっては乾かさないでもいける物もあるんではないかと以前から思っていました。根を乾かすと、サボテンの生長はそこでリセットされ、また成長を始めるまでに少し時間がかかります。乾かさずにそのまま植え付けると、うまくいけば、すぐに成長を始めそうです。

 そんなことで、いまさらながら、キリンウチワと袖ヶ浦の根をカットしたとき、切らないときの発根の仕方、または根腐れの有無などを実験することにしました。

スーパー兜接ぎ木2014-0830blog

 テスト用に使用したのは、キリンウチワがスーパー兜の実生接ぎ苗で、去年接いだ苗です。

スーパー兜接ぎ木4苗根2014-0830blog

 根は抜いてみると、そこそこ伸びて、鉢底から根が出る位です。穂の方は今年初め頃のワタムシ被害の影響らしきのがあって、余り大きくなってはいません。でも根は充分張っているので実験用としてはいいでしょう。

スーパー兜接ぎ木4苗根カット2014-0830blog

 根はこんな風にカット。1本は切らないまま、次に2-3cmにきった物、5mmくらいまで切り詰めた物の3種類です。

太平丸接ぎ木4苗2014-0830blog

 袖ヶ浦は太平丸の接ぎ木苗です。いい刺を出しています。4本のうち2本をテストに使います。

太平丸接ぎ木4苗根2014-0830blog

 根は良く伸びていました。やっぱり成長のいい苗は根の張りも良好です。これを1本は切らないまま、もう1本は3-4cmに切り詰めて使用しました。

 以上の5本を紙コップの中に根の部分を入れて立てかけ、中に水を入れます。これで根がずっと水に濡れた状態になります。根には残った土が付いた状態で、雑菌なども残っている可能性があります。

 果たしてこれで根腐れなどを起こすのか、または腐れなどを起こさず新しい根を出してくれるのか。結果が楽しみです。

 とりあえず数日ごとに観察して、根腐れなどが出始めたら、そこで終了するかもしれません。うまくいけば2週間位で根は出てくれると思います。果たして結果は・・・・・。
   




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2014/08/31(日) 22:28:15|
  2. 接ぎ木・接ぎ下ろし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

真夏のマミラリア-ペレツデラロサエ

ペレツデラロサエ大2014-0827blog

 引き続き、真夏のマミラリアです。今日は私の大好きなペレツデラロサエです。

 この苗は元々は5年ほど前に大阪の山城愛仙園で入手しました。その当時は直径4cm,高さ6cmくらいだったでしょう。

 それが次第に背が高くなり、10cm近くなったので、胴切りしたのが3年前です。その時の上半分です。その後もう一回胴切りしていますが、その時は失敗して下の苗は枯れてしまっています。

 2回の胴切りにも耐えて、今年も結構元気にしています。今年伸びた上の方は径が太くなり、ちょっと頭でっかちです。白い刺に成長点付近の赤味を帯びた刺がきれいです。このまま育てるとどんどん背が高くなり、その割に子吹きしないようで、やっぱり不格好になりそうです。来年あたりまた胴切りしたくなりそう。どうしましょう。

ペレツデラロサエ群生2014-0830blog

 3年前に胴切りした下の部分です。形のいい群生株になりました。今、少し新刺を出していますが、余り成長した感じはありません。やっぱり春の花の後は休眠気味のようです。上半分の単管とはちょっと成長の仕方が変わってきたような。

 おそらく秋になればまた成長してくれると思います。今、植え替えしたいのですが、昨日水やりをしてしまったので土が濡れています。やっぱり土が乾いてから植え替えしないと良くないでしょうね。最近曇りや雨の日が多いので水やり、植え替えなどなかなか予定どおりに行きません。やっと時間が取れたら、天気が良くなかったり・・・。うまくいかない物です。
   





多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・・
  1. 2014/08/30(土) 22:27:11|
  2. マミラリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀の明星

銀の明星2014-0827blog

 マミラリア・銀の明星です。有名な明星の白棘変種です。

 明星は金色の刺でその刺は少し硬めの直棘です。それに対してこの銀の明星は柔らかめの刺で、刺というよりも毛に近い印象です。そのため全体の印象も柔らかい雪をかぶったサボテンというような雰囲気があります。

 この苗、春からずーと花を少しずつ咲かせ続けています。どうもいつが開花時期かはっきりしません。どうも、春先のワタムシ被害の時に少し影響を受けたようで、一時は新刺がうまく出ない時期があり、刺落ちのような状態でした。それが最近回復してきて、ほとんどわからなくなりました。まずはほっと一安心。

 でもこの苗も最近余り大きくならないような感じです。比較のために以前の写真を探してみました。

銀の明星3-web

 これが約3年前の2011年10月の写真です。角度が違いますが、少しは大きくなったかな・・・・。10月にほぼ花が満開になっています。10月と言えばもうすぐです。今年もうまく開花するでしょうか。

 今、植え替えをしてやればいいんでしょうが、やっぱり時間が取れません。天気が悪いと植え替えも良くありません。最近は天候が今ひとつで、何をするにも予定が立ちづらいです。天気の良い日を見計らって、夜なべをして植え替えしようかな・・・・。
   





多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・・
  1. 2014/08/28(木) 22:24:50|
  2. マミラリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3年前と大きく変わった白玉殿

白玉殿2014-0827blog

 マミラリア・白玉殿です。

 最近白毛が増えてきて全体的に白くなってきました。一見昨日載せました希望丸に似た印象ですが、全く違う品種です。花は、希望丸が4-5mmの小さめの花なのに対して、白玉殿は1cmくらいの少し大きめの花です。しかし、この白玉殿、学名がないと聞きます。どうもその辺が何ともはっきりしない所です。

 希望丸との違いが大きいのはその若木の時の姿です。

白玉殿2011-2blog

 これが3年前購入当時の姿です。

 白毛はほとんどなく、全く違うサボテンという印象です。唯一刺座の黄色っぽい所が毛が共通です。それにしても変わる物ですね。希望丸なら、もう少し小さな頃から白毛を出して来ます。刺座の色ももっと白っぽいです。

 この白玉殿、白系マミラリアの隠れた逸材というような印象を受けます。

 もうすぐ秋です。また今年も秋冬はマミラリアの話題が増えそうです。
   





多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・・
  1. 2014/08/27(水) 22:59:00|
  2. マミラリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏のマミラリア1 希望丸

 私はマミラリアのサボテンが好きで、結構多く育てています。

 以前サボテン栽培のベテランの方と話す機会がありましたが、私がマミラリアが好きというと、何だマミラリアかとがっかりされたような感じで、どうもサボテンの名人級の方には駄物と言うような印象を持たれている方もあるようです。なるほど、多くのマミラリアのサボテンは成長が早く、簡単に大きな株が作れます。それ故そんな印象を持たれているのかとも思います。しかし、マミラリアのサボテンの中には結構栽培の難しい物もあり、油断をすると知らぬ間に腐っていたというようなことも多々あります。私も多くの苗を腐らせてしまいました。

 マミラリアの多くの品種は冬から早春にかけて花を咲かせ、夏場は休眠するものが多いようです。でも中には夏場でも成長し続けているのもあったり、いつが成長期かわからないようなものもあります。もっともマミラリア属の中にはかなりの多くの種類があるようで、その成長期などにも違いがあるのかもしれません。マミラリアだからと言って、みんな同じ育て方ではいけないのかと思うようになってきました。

 そんなマミラリアの夏場の姿をご紹介して、花の咲く早春の時期などと比べるのもいいかと、いくつか写真を撮りました。

希望丸群生2-2014-0827blog

 希望丸です。去年伸びすぎになった株を胴切りして育てた下半分です。子を8個出して少しづつ大きくなってきました。もともと、希望丸というのは子吹きしにくい種類のようで、単管で高さ20cm以上まで伸びるようです。あんまり背が高くなっても柱サボテンみたいで面白くないので、胴切りしました。市販の群生株はほとんどがこうして作られた物のようです。

 1年間で子の大きさは2-3cmくらいになりましたが、まだ群生株と呼べる域は達していません。もう一年位すればそこそこの群生株になりそうです。刺の白さが印象的です。

希望丸上2014-0827blog

 同じ希望丸の去年胴切りした上半分です。きれいに育てようと気を使っていたつもりなのですが、一部白毛が茶色くなってきた部分があります。なかなかうまくいかない物です。

 温室の上の棚に置きっぱなしにしていたら、少し成長点が横を向いてしまっていました。屈光性というやつです。やっぱり苗は時々方向を変えてまんべんなく日に当たるようにしてやらないといけません。

 今はそれほど成長しているようには見えませんが、これから秋になれば成長し始めるのではないかと思います。今のうちに植え替えをしてやる方がいいと思うのですが。なかなか時間が取れません。どうしましょう・・・・。
   





多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・・
  1. 2014/08/26(火) 22:21:48|
  2. マミラリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緋牡丹錦の花

緋牡丹錦赤2014-0721blog

 真っ赤な緋牡丹錦に花が付きました。

 この苗、上の方はほとんど葉緑素がなく真っ赤なので成長が悪く、なかなか花が咲きませんでした。購入してからもう4年ほど経ちますが、大きさは少し大きくなったかなという程度。いつまで経ってもほとんど変わりません。

 この苗、一応接ぎ木ではなく自根です。もっとも私が種を蒔いて育てた苗ではないので、接ぎ木だった可能性はあります。この苗が何とか自根で育っているのは、下の方に少しだけ黒い、(緑?)部分があるから。これがないと全く育たないでしょう。

 花は本来白花のはずですが、ピンク色をしています。斑の色が花に移っているのでしょう。この花を交配するとおそらく赤の全斑の苗ばかりが生まれそうです。緋牡丹として接ぎ木にするにはいいかもしれませんが、面白みはもう一つ。

 この苗はその鮮やかな赤い体をきれいに育てることに傾倒するのが良さそうです。直径はこれ以上大きくはならないみたいですが。
   





多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・・
  1. 2014/08/24(日) 22:16:15|
  2. ギムノカリウム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

太平丸接ぎ木苗の結実

太平丸接ぎ木果実2014-0818blog

 太平丸の接ぎ木苗が結実しました。

 なんてことない太平丸に果実ですが、この苗はうちで自家採種した種を蒔いて、そこから生まれた苗を接ぎ木した物で、そんな自家実生の苗の中で初めての果実です。つまり今回取れた種は100%自家産の種ということになります。

 うちで実生した苗の中ではこれらの太平丸が一番大きくなって、5-7cmの大きさになっているものが多いです。その中では今年この1本だけ花を咲かせました。その時咲いていた別の太平丸ニコリーと交配させたら種が取れました。

 この苗もかなりいい刺をしていて、ニコリーに近い印象です。きっとこの種を蒔いたらいい刺の子孫が生まれることでしょう。今度蒔いて生まれる小苗は我が家の第三世代という事になります。接ぎ木の力を利用した結果ではありますが、結構早い周期で世代交代が進んでいます。太平丸で種まきから開花までが約3年で行き着きました。

 もっとも、接ぎ木しない苗はなかなか生長しません。これと同じ時期の苗で今2cm前後です。実生オンリーで行くなら、一世代6-7年位はかかりそうです。これでは何世代も交配をしようとしても、その前に私の寿命が尽きてしまいます。やっぱりここは接ぎ木の力を利用させてもらうしかありません。これからも接ぎ木に精を出す日々が続きそうです。
   





多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・・
  1. 2014/08/23(土) 23:01:08|
  2. エキノカクタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

太平丸実生接ぎ苗の1ヶ月の成長

太平丸実生接ぎ苗2014-0722-3blog

 今日は同じく太平丸実生接ぎ苗の成長具合のご紹介です。

 上の写真は今年の春に実生接ぎした太平丸です。再掲載です。撮影は7月22日。そう、初めて種を風呂に浸けて蒔き、かなり多くの苗が発芽したその中のひとつです。

 この時点で約1cm。赤い刺を出して、両脇から肌を食い破るように子が2個出てきています。色は全体的に茶色い色をしています。

太平丸実生接ぎ苗2014-0818blog

 そしてこれが8月18日の写真です。全体的に大きくなって、太平丸らしい色合いになってきました。刺の数も増えていい感じです。両脇から出てきた子も一人前の大きさになってきました。どうやらこの株は茶色刺の系統のようです。親苗の刺が茶色いのを引き継いでいます。それでも新刺はきれいな赤です。今の時期はちょっと色も褪せてくる時期ですが、春先の頃には本当にきれいな色の刺を出してくれます。

 この出た子は、はずして袖ヶ浦に接ぐ予定ですが、この秋に接ぐか、来春まで待って接ぐか迷います。どうも袖ヶ浦は春先4-5月頃が一番成長するみたいです。その頃に接ぐと一番活着率が高いようです。今ある袖ヶ浦の接ぎ木苗も春に接いだものが多く、結果は良好でした。

 袖ヶ浦接ぎでもキリンウチワ接ぎでも子吹きするのは2-3cmくらいまでが多く、ある程度大きくなると子を出すことはなくなります。太平丸の子を切り取るとかなり大きな傷跡が出来ます。3cmくらいまでに子をはずして、そのご順調に育てれば、子を取った傷跡は余り目立たなくなります。いま、接ぎ下ろしをしたキリンウチワ接ぎの太平丸達も見た目は全く普通の苗にしか見えません。

 最近は天候も良くない日が多いので、やっぱり、子を取るのは来春かな・・・・。
   





多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・・
  1. 2014/08/22(金) 22:54:28|
  2. エキノカクタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅鷹実生接ぎ苗の1ヶ月の成長

紅鷹実生接ぎ苗2014-0722blog

 今日は、テロカクタス・紅鷹の実生接ぎ苗の成長具合をご報告します。

 上の写真は再掲載ですが、7月22日の写真です。今年の春にキリンウチワに実生接ぎしました。この時点で大きさは1cm前後だったでしょう。実生接ぎ後約3ヶ月です。小さなくせに一著前に赤いきれいな刺を出してきていました。

紅鷹実生接ぎ苗2014-0818blog

 そしてこちらが8月18日の写真です。約1ヶ月で目に見えて大きくなりました。大きさは約2cmになり、刺もしっかりしてきました。肌のつぶつぶまで写っています。そう、紅鷹はこんな肌をしていました。もうすでに中苗の雰囲気です。この紅鷹の両親はどちらもかなりの強刺です。まだまだもっと太い刺が出てもおかしくはないはずです。キリンウチワの威力で、今後もっといい刺が出てくれることを期待しています。
   





多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・・
  1. 2014/08/21(木) 22:40:44|
  2. テロカクタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緋牡丹錦の種収穫

緋牡丹錦果実2014-0820-1blog

 昨日ようやく緋牡丹錦の果実を収穫しました。しばらく見ないうちに自然に刺座からとれていました。大きい果実と小さな果実と1個ずつです。

緋牡丹錦果実2014-0820-2blog

 中を切ってみるとこんな感じです。茶色い種と、なにやら緑の種らしき物がありました。小さな果実の方にはほんの数粒位しか種は入っていません。やっぱり充分授精していなかったみたいです。これを茶こしに入れてよく水洗いすれば種が取り出せます。

緋牡丹錦種2014-0820-0blog

種は一昨年よりも少し少ないようです。これで120粒位あるでしょうか。種が小さいので茶こしの網からこぼれおちそうです。種の直径は0.5mmくらいでしょう。本当に小さいです。

緋牡丹錦種2014-0820-1blog

 拡大してみるとこんな感じ。これでカメラの撮影限界、等倍撮影です。

緋牡丹錦種2014-0820-2

 さらにPHOTO SHOPで拡大してみると、種の表面はでこぼこしています。金平糖みたい。緑のは未熟種子のようでした。これは蒔いても生えないでしょう。

 早速蒔いてみたいと思います。発芽しても余りにも小さいので直ぐには接ぐことが出来ません。0.5mmの種から生える苗はやっぱり0.5mmくらいの苗です。せいぜい2mmくらいにならないとうまく接げないでしょう。今年は実生接ぎは無理かな・・・・。
   





多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・・
  1. 2014/08/20(水) 22:32:41|
  2. ギムノカリウム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘキラン錦 3本目

ヘキラン錦実生接ぎ苗2014-0722-3blog

 昨日からの続きでヘキラン錦のキリンウチワへの実生接ぎ苗です。

 上の写真が7月22日撮影です。茶色くてごつごつして、小さいくせに子を出し始めています。このとき直径1cmくらいでした。この状態では斑入りなのかどうかもはっきりしません。

ヘキラン錦3-2014-0817blog

 そしてこれが8月17日です。いやー、これが一番変わったかもしれません。

 肌が緑になって綺麗になってきました。刺座の部分がでこぼこして、亀甲ヘキランらしい姿になってきました。ヘキランと言うよりもなにか疣サボテンのような感じにも見えます。初めてこの写真を見た人はヘキランの仲間だとは思わないでしょう。

 肌の色が緑の濃い部分と薄い部分が見えてきました。これが斑入りに違いないでしょう。今までの経験から、もう2-3ヶ月もすれば斑入りらしい姿になりそうです。子の数は数えてみるともう6個ほど出ています。これらはこの大きさが1cmくらいになるまで置いておいて、その後、袖ヶ浦に接ごうと思います。

 キリンウチワは実生接ぎには適していますが、中苗を接ぐことは出来ません。それに対して袖ヶ浦は1-2cmくらいに苗を接ぐのに特に都合がいいです。台木は12cmくらいの鉢に3-4本寄せ植えし、その台木の上から2-3cmくらいの所をカットして穂を載せ、伸縮包帯をかければ接ぎ木完了です。袖ヶ浦の短い刺が伸縮包帯を止めるのに都合がいいです。何本か寄せ植えしていても接ぎ木は出来ます。地植えの台木にも接ぐことが出来るでしょう。うちの温室では無理ですが、大きな容器にたっぷり肥料を施した、地植えの袖ヶ浦に接ぎ木すれば驚くほどいい成長が望めそうです。

 うちの狭い温室ではせいぜい大きめの鉢に植えるのが関の山。今から台木の用意をして置いてちょうどになりそうです。

   





多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・・
  1. 2014/08/19(火) 23:00:32|
  2. ランポウ類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱり斑入りでした。

ヘキラン錦実生接ぎ苗2014-0722-1blog

 昨日の続きです。

 同じ時のヘキラン錦の実生接ぎ苗です。上の写真が7月22日です。このときは全身茶色くなっていて斑入り苗かどうかよくわかりませんでした。確かに接ぎ木したときは斑入りの姿をしていたのですが、日に良く当てるとこういう色合いになることがあります。刺が出て、瑞鳳玉のような感じにも見えます。

ヘキラン錦2-2014-0817blog

 そしてこれがきのう8月17日の様子です。

 色が緑になって、ようやく斑入りらしくなってきました。緑の所と黄色い斑の部分の区別が付くようになってきました。刺は相変わらず出ていますが、そのうちなくなるでしょう。子供の外観が稜線がでこぼこしています。これはおそらく親苗が亀甲ヘキランの系統だからなのかと思います。亀甲ヘキランは小さなうちは稜線が余りでこぼこしていませんが、唯一子供が出たときはでこぼこ感が良く出るようです。

 それにしても1ヶ月足らずでこんなに姿が変わるとは、ちょっと驚きです。初めて見た人は同じ苗とは思わないでしょう。

 もう夏の暑さも峠を越えたような感じです。キリンウチワの旺盛な成長ももう少しでしょう。せいぜい肥料をやって今のうちに大きくしてやりましょう。
   





多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・・
  1. 2014/08/18(月) 23:06:49|
  2. ランポウ類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キリンウチワ接ぎヘキラン錦の成長は

ヘキラン錦1-2014-0817blog

 今年の春先、ヘキラン錦をキリンウチワに実生接ぎしました。それから約4ヶ月、夏場のキリンウチワの旺盛な成長力でどんどん大きくなってきています。

 上の写真は今日8月17日の撮影です。暗くなってから蛍光灯の下で撮影しましたので少しばかりぶれていますがご了承を。大きさは早2.5cmくらいになりました。よく見ると子と一緒に蕾まで出かけているようです。なんとまあ気の早いこと。実生接ぎから半年位で花が咲きそうな勢いです。肌は緑が濃くなって斑の方も少し見えてきました。まだまだこれからですが将来有望な感じです。

ヘキラン錦実生接ぎ苗2014-0722-2blog

 この苗の7月22日の写真です。このときはまだ肌が茶色っぽかったのが今では全く色も変わりました。

 もっとも、最近1週間位は台風の後、天気が悪く余り日差しがありませんので、そのせいもあるかもしれません。とはいえ、大きさは1ヶ月足らずで目に見えて大きくなっています。やっぱりキリンウチワの成長はすごいです。

 蕾が出てきているのでとりあえず花を待っていましょう。他の苗が花を付けていたら交配もいいかもしれません。この苗は小さすぎますので、花粉親として使うだけの方がいいでしょうが。
   





多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・・
  1. 2014/08/17(日) 22:30:23|
  2. ランポウ類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニコリー系実生苗はやっぱり発芽率が低い

ニコリー系実生2014-0816blog

 8月の初め、今年採れた太平丸・ニコリー系の種子を実生しました。

 7月に採れたばかりの取れたてほやほやの種です。ニコリーを片親または両親として自家交配しました。去年までは一度も交配に成功しなかったために、今年が初めての実生です。

 種はそこそこの数が取れましたが、実生がうまくいかなかったら困るので、一応全体の1/3くらいの数だけ蒔いています。

 種は実生前に3日間ほど風呂に浸けて柔らかくなるようにしています。この方法で去年の種はそこそこ発芽しています。聞く所によると、太平丸の種は後熟種子で、採れてすぐに蒔いても発芽せず、1-2年してから蒔く方が良いという話も聞きます。それで用心のため全部蒔かずに少しずつ蒔くことにしました。

 写真が実生後約2週間の状態です。上の2枠が兜錦、その右がコリファンタ・トリプギオナカンサです。ニコリー系の種は手前5枠の黒く大きな種です。残念ながらニコリー系は発芽が悪いです。数本発芽していますが、全体からすると5%以下という所です。やっぱりニコリー系は難しそうです。お風呂の力を利用してもうまくいきませんでした。でも全く0%という事ではないので多少の期待は出来ます。

 同時実生の兜錦は全斑がほとんどみたいでこれも期待薄です。トリプギオナカンサはかろうじて2本だけ発芽しています。これは自家受精による結実のため、種が充分充実していなかったのではないかと思われます。

 いずれにしてもニコリー系はこのままではだめみたいです。来年まで待つか、何か別の方法も試さないといけないと痛感しました。さてどうしてやろうかな・・・・・。
   





多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・・
  1. 2014/08/16(土) 22:02:58|
  2. エキノカクタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

強棘太平丸接ぎ木苗の今

太平丸接木苗2014-0807-1blog

 一昨年の春に袖ヶ浦やキリンウチワに実生接ぎした太平丸が子吹きし、その出た子を去年の春に袖ヶ浦に接ぎました。接いだときは1.5cmくらいでしたが、いまは5-6cmになっています。

 袖ヶ浦に接ぐと特によい刺が出るようです。今日ご紹介する3本は同じ親苗からでた子を接いだ物で、ほぼ同じようないい刺を出しています。

 親苗は片親が強棘太平丸で、もう片方が茶色刺で強棘の太平丸です。どちらも親苗が強棘なのでその遺伝子でいい刺を出しているんでしょう。もう少し湾曲して体を巻くように伸びれば、ニコリーとして通用しそうですが、ここでは強刺太平丸としておきます。

太平丸接木苗2014-0807-2blog

 この間まで新しい刺が出てきていて、赤くきれいな刺でしたが、今はその色も褪せて茶色い刺に変わっています。これから来年の春までは充実期でしょう。また来年の春に赤いいい刺を見せてくれるでしょう。

太平丸接木苗2014-0807-3blog

 普通赤い新刺の時はすごく太い刺を出しますが、しばらくしてそれが硬くなって固まると細くなってきます。この刺は細くなってもこの太さです。かなり立派です。

太平丸接木苗2014-0807-4blog

 この苗はまだ刺に少し赤味が残っています。まだ少し成長をしているようです。接ぎ木の場合、うまくいけば秋から晩秋まで成長をしてくれることもあるようです。これらも植え替えをしてやればもっと成長してくれるかもしれません。4本植えなので根がほぼ鉢一杯になっているでしょう。もう少し大きめに鉢に植え替えてやりたい所です。今度はオルトランを使用しないように気をつけます。
   





多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・・
  1. 2014/08/15(金) 00:09:11|
  2. エキノカクタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またまたイノシシ来襲!

イノシシ落花生blog

 またまたイノシシの来襲です。

 先々週、イノシシが来てサツマイモが全部やられました。その時はサツマイモだけを食べてそのほかの作物は一応無事でした。

 その後、3日前には台風12号が来てちょうど我が家のあたりを直撃。トマトが全部一緒に倒れてしまいました。トマトは2方向から山形になるように支柱を立て、それらを中央で種の棒に縛るようにしていましたので、多少の風には大丈夫のはずでした。しかし、今回の台風はここ数年のうちでは一番強い風だったようで、トマトは支柱ごと横向きに全て倒れてしまいました。トマトは多少は残っていましたが、ほぼ終わりに近くなっていて、倒れても仕方ないかなと、あきらめていました。

 そして、続いてイノシシの襲来です。前回サツマイモを食い荒らして、もう来ないと思っていました。それがまた来て、残っていた落花生と、枝豆を全て食い荒らしてしまいました。昨日見たときには何ともなかったので、昨日の夜から今日の朝にかけてのことです。どちらも順調に育って、ようやく身が入りかけた位の所でした。

イノシシ枝豆blog

 本当に腹が立ちます。せっかく長い月日をかけて大事に育てた野菜を全部だめにして、もう何か報復をしないと気が収まりません。イノシシなどを捕るときは狩猟免除がいると聞きました。しかしそんなことを言っていられません。手製の針金などを使った罠でもしかけてやろうかなと本気で考えています。
   





多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・・
  1. 2014/08/13(水) 23:57:30|
  2. 野菜と花の栽培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うちの天平丸達

天平丸1-2014-0807blog

 今日はうちの天平丸達です。

 上の苗は接ぎ下ろし苗で少しだけ斑入りです。ようやく10cmくらいになりました。ずっと交配しようと思っているのですがなかなか実現しません。いつになるやら・・・・。

天平丸2-2014-0807blog

 実生苗で、約9cmです。なかなか成長せず、ようやく新刺が出始めた所です。花もなかなか咲かず、そのため交配も出来ません。どうやったら花が咲いてくれるのか。やっぱり苗の調子が今ひとつなんでしょうね。オルトランのせいかもしれません。

天平丸3-2014-0807blog

 6cmくらいの中苗です。今年初めのワタムシの害にあったようで成長点が少し茶色くなってしまいました。でも新刺が出てきたので少しずつ回復してくれているようです。現在養生中。

天平丸4-2014-0807blog

 5.5cmくらいの中苗。黒刺でいい雰囲気があります。根が一部根腐れを起こしかけていて、これも現在養生中です。まだ花は咲いていません。いつになったら花が咲くんでしょう。そして天平丸の交配、実生が出来るのはいつになるやら。全然目処が付きません。
   





多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・・
  1. 2014/08/11(月) 23:59:05|
  2. ギムノカリウム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台風の中OVO(オーボ)にいってきました。

オーボ2014-0810-1blog

 今日8月10日、台風の中、OVO(オーボ)に行ってきました。

 今日は台風12号が近畿に直撃しそうな中、大阪中之島で催されているシルクドソレイユ、大阪公演OVO(オーボ)に行ってきました。子供達が私の誕生日祝いということでずっと前からチケットを取ってくれていました。たまたまその公演日が台風の上陸日とぶつかりました。

 開場が午前11時でちょうど台風が一番近づくときになりました。大阪に着いたときは土砂降りで、道が川のようになっていましたが、時間に遅れることも出来ず、少々濡れながら何とか会場までたどり着きました。

 私はシルクドソレイユは初めてでしたが、サーカスとミュージカルを融合させたような楽しいイベントで、楽しく見ることが出来ました。子供達が手配してくれた座席が前から3列目の、出演者の顔の表情まで見えるようないい特等席で、見応えがありました。最後の紙吹雪の時には頭の上からいっぱい蝶の形の紙吹雪が落ちてきて感激でした。記念に一握り頂いて還ってきました。孫達へのおみやげです。

オーボ2014-0810-2blog
公演中は写真が撮れないのでおみやげのショップ部分の写真です。

 公演が終わった頃には台風もほぼ通り過ぎて雨もほぼやんでいました。ほっと一安心。後から確認すると、台風はちょうどうちのすぐそばに上陸して、通過したとのこと。被害が心配されます。

 帰りに昔懐かしい、阪急三番街のインディアンカレーを食べて帰りました。この店はわたしの若い頃から阪急三番街にあって良く通っていました。最近はもう20年近く行っていなかったでしょう。昔を懐かしんで味わってきました。場所も辛さもそのままで、若い頃を思い出しました。値段だけは少し上がっていましたが仕方ないでしょう。何せもう35年も前からあるんですから。35年以上も同じ店がつづいているだけで本当に貴重です。

 帰りの高速道路が思いがけず、通行止めになっていて、1時間半ほど渋滞に巻き込まれて帰るのが遅くなってしまいました。しかしそれも含めて久しぶりのいい体験でした。子供達にありがとうをいわなければ。
   





多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・・
  1. 2014/08/10(日) 22:30:37|
  2. 旅行・行楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

太平丸接ぎ下ろし苗3苗

太平丸接ぎ下ろし苗2014-0411-1blog

 今日はエキノカクタス・太平丸の接ぎ下ろし苗の成長過程をご紹介します。

 この3本は3年前にアメリカのメサガーデンで種子を購入し、その実生苗をキリンウチワに実生接ぎしました。メサガーデンの識別番号はSB-409と表示されていました。 それを去年の秋に接ぎ下ろしをし、3本寄せ植えしています。

 上の写真は4月11日撮影した物で、春になり成長を始めて赤い刺が出始めたときです。左側と、奥側が同じ位の大きさで、右は少し小さめです。

太平丸接ぎ下ろし3株2014-0504blog

 これが5月4日の写真です。撮影方向が違いますが、手前2本が大きな苗です。

 赤い刺が良く伸びてきて、最盛期のようです。少し体も太ってきて、苗の間隔が狭くなったように感じます。

太平丸接ぎ下ろし3苗2014-0807blog

 そしてこれが8月7日の写真です。

 成長点付近の赤い刺は茶色く変わり、華やかさはなくなりました。刺の数を見てみるとずいぶん増えたような感じで、成長点付近に刺が混み合ってきています、4月の写真と比べると刺数がまるで違います。

 どうも去年からの成長の様子を見てみると、春先の3月頃から刺がまだでない状態で、体だけが太ってきて、しばらくして新刺が出始め、本格的な成長が始まるように見えました。

 今の状態も、5月よりも少しからだが太っているようですが、もうそろそろ成長は止まり、これからは来年に向けての体の充実の時かなと思われます。

 この3本は5.5cm-6.5cmくらいで、今年は結局花は咲きませんでした。キリンウチワの接ぎ下ろしと言うことで、うまく成長してくれるかどうか不安でしたが今の所順調です。根は台木部分から出ているのか、それとも穂の方から出ているのか今のところ確認できていません。今度植え替えの時に確認してご報告しましょう。

 また来年も元気に赤い刺を出して成長してくれるのを楽しみにしましょう。
   





多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・・
  1. 2014/08/09(土) 22:53:56|
  2. エキノカクタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緋牡丹錦の果実

緋牡丹錦果実2014-0807blog

 ギムノカリウム・緋牡丹錦の果実です。

 交配から2ヶ月以上経過しましたが、まだもう少しという所です。実はかなり赤くなってきてもうそろそろと感じますが、果実が裂けて中の種が確認できるまで置いておこうと思います。右の種は十分にふくれていますが、左の種は貧弱です。おそらくこちらにはほとんど種が出来ていないでしょう。

 今年の緋牡丹錦の果実(右の苗)はちょうど赤い斑の部分に付いています。この果実の出来る場所によって、種から生まれる苗の斑の状態が大きく変わるようです。たまたま果実の出来る部分が緑の斑の全くない部分であれば、斑入り苗は少なくなるでしょうし、斑の部分であれば全斑の苗が多くなるようです。今回の果実は斑の部分なので全斑が多いかもしれません。全斑の苗は葉緑素がないので正木では育ちません。接ぎ木なら大丈夫ですが、実根にして下ろすことは不可能です。良くホームセンターなどで売られている緋牡丹はその代表です。

 去年の実生苗の中にも全斑らしき苗が何本かありました。そんなのは接ぎ木のまま育ててやれば問題ないでしょう。キリンウチワの台木がどれくらい持つか、今はわかりません。この先10年、20年と永久台木として持つのかどうかはこれからの課題です。

 それにしても種の収穫が待ち遠しいです。これ以上遅くなると実生の最適時期が終わってしまいます。キリンウチワの実生接ぎに間に合わなくなりそうです。無理矢理収穫してしまおうかと思案しています。
   





多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・・
  1. 2014/08/08(金) 22:49:06|
  2. ギムノカリウム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マミラリア・ノーレディニアナの種

ノートレディアナ2014-0807blog

 春に花の咲いたマミラリア・ノーレディニアナの種が出来ました。

 別に交配したわけではありませんので、おそらく自家受精と思われます。

 この種はまだ和名のない品種で、余り日本では見かけない品種です。私がネットの海外のサイトで見ておもしろそうと思って種を求めて実生しました。実生後3年で今年初めて花が咲きました。マミラリアの品種の中では自家受精しやすい品種もかなりあるようです。そういう物は子孫を残しやすそうです。とはいっても、同じ時期にうちの温室内で近縁種が花を咲かせていたら、それらの間で自然交配されてしまう可能性もあります。こういう自家受精の種はそんな危険性?もはらんでいます。

 私が40年前に蒔いたマミラリア・翁玉でもそんな可能性がありました。同じ時の実生なのに、群生するタイプ、分頭するタイプ、赤花の物、クリーム色の物など色々出来ました。こういうのがいいのかどうか考えないといけません。もっとも、原産地でもそんな事は起こっているかもしれません。今あるマミラリアの品種の多くはそうな交配によって出来た可能性があります。でも要するに魅力あるきれいな品種かどうかが大切です。

 このノーレディニアナ、今はちょっと休眠中のようです。秋からが成長期のよう。どう育ってくれるか見守っています。
   





多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・・
  1. 2014/08/07(木) 23:10:31|
  2. マミラリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またイノシシ来襲!えらいこっちゃ

サツマイモ被害2014-0807blog

 2-3日雨が降って、野菜畑に行けませんでした。

 その間にまたイノシシ来襲です。せっかく少し大きくなってきていたサツマイモが全滅状態です。いつもは9月に入ってから収穫するので、まだそんなに芋は入っていませんでした。それなのに、一晩のうちに全部蔓を引っこ抜いて、芋を食べてしまっていました。ほんの少し残っている芋を取りましたが、まだ直径4cm長さ15cm位の大きさでした。こんなに小さな芋を食べなくてもいいのに、腹が立ちます。

 その後、近所で話を聞くと、うちの周辺の家庭菜園もほとんど被害に遭っているようです。イノシシは特にサツマイモが大好物のようで、今の時期はサツマイモの被害がほとんどです。青物野菜は食べないので、オクラ、ピーマン、ナストマトなどは無事でした。

 それにしても、最近はイノシシの被害が増えました。数年前まではほとんどなかったのですが、2-3年前から急に増えました。イノシシは一晩に数十キロも移動するとか。うちの裏山はさかのぼると六甲山の方まで繋がっていそう。今のイノシシは六甲山からやってきたのでしょうか。最近は狩猟などをする人も減って、イノシシは増える一方みたいです。力が強くて少々網を張った位では防ぐことが出来ません。やっかいなことです。

 さて、今年の家庭菜園は、トマトが豊作でたくさん採れましたが、それもほぼ終わりです。そのほか、ピーマン、万願寺唐辛子が元気で今最盛期です。

ピーマン2014-0807blog
満願寺2014-0807blog

 上がピーマン、下が万願寺唐辛子です。どちらも水を切らさないようにすると良くできるようです。

 万願寺唐辛子は、辛くない唐辛子で、京野菜の一種です。種を取らずにそのまま焼くか、天ぷらにして食べてもおいしいです。去年、家内の友人の方から頂いておいしかったので、今年は種を買って、自家実生で苗を作りました。おかげで10本以上苗が取れて、たくさん収穫できるようになりました。家内も料理するのが楽ちんで、ピーマンよりのおいしいと好評です。うちの娘夫婦も来年は苗を植えたいといっています。これは当たりでした。

 ピーマン類は夏の暑さで急に枯れてしまったりすることがありました。それはどうやら、夏場の水不足で、根の部分の乾燥状態が数日続くと枯れてしまうように思います。今年はそんなことがないように乾燥が続くときは、マルチの中へ灌水ホースをつっこんで水をやったりしました。その甲斐あって今年は順調です。うまくいけば秋まで収穫できるかもしれません。

 あとは、枝豆用の黒大豆がふくらんでくるのを待っています。息子夫婦の帰ってくる盆までに収穫できるかどうか微妙です。去年はそんな黒大豆もイノシシの被害が出ました。今年もやられるのではないかと、冷や冷やしながら成長を見守っています。
   





多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・・
  1. 2014/08/06(水) 22:26:17|
  2. 野菜と花の栽培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

去年の実生苗から

去年の実生苗2014-0730-2blog

 去年の実生苗で、緋牡丹錦です。

 錦とはいえ、斑入り苗はほんの少しだけです。数本斑入りが確認できますが、これらは実生接ぎしたのこりです。

 緋牡丹錦の実生苗は発芽したときは非常に小さく、あまりに小さいので斑入りかどうかも判断が付きにくいです。何となく赤っぽいのを接ぐという感じで、この中から20-30本位は接いだでしょう。うまく接げなかったり、去年のワタムシの害にあったりで、まともに育っているのは10本位でしょう。

 この残りの苗は大きな物で1cmくらいになったでしょうか。やっぱり斑のない苗が大きくなっています。斑入り苗を植え替えして斑のない苗は処分することになりそうです。

去年の実生苗2014-0730-4blog

 こちらは左が刺なし麗光殿×薫光殿、右が恩塚三角ランポー×ヘキラン錦です。ヘキラン錦は斑が全く出ていません。三角恩塚だけを残して後は処分かな。薫光殿は植え替えをしなければなりません。こんなに小さくても(1cm前後)鈎棘で指に引っかかってきます。強く引くと刺座ごと取れてしまったりします。要注意です。

去年の実生苗2014-0730-3blog

 こちらも斑入りねらいで斑のでなかったヘキランです。斑がないので普通のヘキランです。こんなにいっぱいであふれかえっています。何本かいい物を残して後は処分することになるだろうと思います。世話しきれないので・・・・。
   





多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・・
  1. 2014/08/04(月) 22:29:27|
  2. 実生・採種
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

今年春の実生苗

今年の実生苗2-2014-0728blog

 今日は今年の春実生した実生苗をご紹介します。

 上の写真は今年の春4月頃実生した苗です。左上がテロカクタス・紅鷹、きれいに生えそろっています。まだ刺はほとんど赤くなっていません。1本キリンウチワに接ぎましたが、もう1cmくらいになって赤い刺を出しています。
 右上が兜丸×兜錦、何本か斑入りが出ているような。でも余りはっきりしません。恩塚ランポーの種が少し混じっているみたいです。
 右下はヘキラン錦、結構斑入りが出ています。ここの斑入り苗を何本か実生接ぎしました。斑入りの柄によってはうまく成長しない物も出てくるので、そんなのは接ぎ木してやる方がいいんでしょうが。また追加でキリンウチワに接いでみます。
 左下は恩塚三角ランポー×亀甲ヘキランです。白いのとみどりのが半々位出来ています。いい系統の三角恩塚が出来れば残したいと思うんですが。

今年の実生苗1-2014-0728blog

 こちらも4月頃の実生です。左がペクチニフェラ。ヒョロヒョロ長く伸びて先端から刺を出し始めました。ここの苗を10本以上キリンウチワに実生接ぎしましたが、結局まだ1本もうまく成長しません。もう少し大きくなってから接ぐとうまくいく確率もあります。上の方が3-4mmになったらもう一度試してみたいと思います。

 右は太平丸の白肌タイプと、直棘タイプの交配です。何本か実生接ぎしています。うまく成長しかけて子も出てきています。湾曲した刺が出て欲しいのですが、直棘のものが多いみたいです。でも刺は赤くてきれいです。

去年の実生苗1-2014-0728blog

 右上が紅鷹。一番上の写真よりも少し前に実生しているので少し大きいです。刺は結構赤いのが出てきています。

 右下はランポー錦です。斑入り苗が出ています。赤っぽくなっているので紅葉の系統が入っているみたい。もっと実生接ぎしていれば良かったのですが、今では実生接ぎにはちょっと遅いかも。もう少し大きくなってから袖ヶ浦に接ぐことにしましょう。

 左下は白瑞鳳玉×兜錦の交配です。5稜で刺のない兜風の苗が出来ています。残念ながら斑入り苗は出来ていないようです。白点が多いものはいい感じになりそうです。兜風の姿で瑞鳳玉のような大きな花の咲く苗が出来ないか期待しています。花が咲くまでには3-4年かかるかな。
   





多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・・
  1. 2014/08/03(日) 19:43:18|
  2. 実生・採種
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

兜錦の接ぎ木苗

兜錦接ぎ木2014-0728blog

 小さな兜錦、ルリ兜錦に種が出来ました。

 この苗は今年の春先に兜錦の2年生苗で、斑の部分が多くて成長の良くないのを5本袖ヶ浦に接いだ物です。袖ヶ浦は5本を1個の鉢に挿し木して育てています。1本ずつ植える方が成長はいいのでしょうが、うちの温室はいつもスペースがいっぱいで、少しでもスペースファクターが良くなるようにと寄せ植えしています。

 袖ヶ浦の接ぎ木はもっぱら伸縮包帯を使用しています。成長点から2-3cmくらいの所を切り取り、周りを斜めにそいで、1-2cmの小苗を載せます。そして伸縮包帯で止めればできあがりです。簡単なので一鉢に4-5本植えていても接ぎ木が出来ます。便利になった物です。ずーっと昔は1本ずつ鉢に植えて、木綿糸などで何回も巻くようにして止めたのもです。1本接ぐのに10分位はかかったでしょう。それが今や伸縮包帯を使えば1-2分で出来ます。成功率も結構いいです。このとき接いだ5本のうち4本成功しています。

 この種の出来ているルリ兜錦はまだ3cmくらい。それでも花が咲いて種も出来ました。本当はこんな小さな時は種を作らせない方が成長のためにはいいのでしょうが、接ぎ木の力を信じて交配しました。これでまた斑入り苗期待の実生が出来ます。

 斑入り苗の種はかなりたくさん蒔いても、なかなかいい斑入り苗は生えてくれません。数で勝負するしかないです。
   





多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・・
  1. 2014/08/01(金) 22:38:00|
  2. 兜丸類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ysc726

Author:ysc726
サボテンとカメラを趣味とする男性です。
サボテンの魅力を引き出してサボテン愛好家を少しでも増やせるようなブログにしたいと思っています。
サボテン以外の写真も含まれるかもしれませんが。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
マミラリア (453)
牡丹類 (30)
ハオルチア (97)
私の経歴 (1)
兜丸類 (73)
プレゼント (2)
ギムノカリウム (65)
ランポウ類 (117)
エピテランサ (43)
エキノカクタス (115)
ベンケイソウ科 (7)
ロホホラ (37)
テロカクタス (36)
ネオポルテリア (7)
毛柱類 (5)
エケベリア (5)
ノトカクタス (16)
グルメ (2)
クリスマスローズ (1)
ソリシア (3)
フェロカクタス (40)
ジャズ (1)
野菜と花の栽培 (102)
水やり (1)
植え替え (1)
アストロフィツム (14)
エキノケレウス (11)
タケノコ (1)
接ぎ木・接ぎ下ろし (46)
サボテン写真集 (1)
実生・採種 (39)
クラインジア (17)
エキノプシス (8)
多肉植物 (20)
その他 (66)
コリファンタ (10)
旅行・行楽 (15)
肥料・栄養剤 (1)
ペレキフォラ (45)
ホマロケフェラ (5)
ロビオプシス (13)
アガベ (8)
ユーベルマニアナ (23)
ロビビア (6)
コノフィツム (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR