サボテンと写真

大好きなサボテンや花の写真を中心にしたブログです。

蕾が出始めたけれど・・・白玉殿

白玉殿2016-1106blog

 5-6年前に大阪の山城愛仙園で買ったマミラリア・白玉殿です。だいぶ大きくなって、直径10cm、高さ13cm位になりました。今年も開花の時期が近づき、成長点付近に綿毛と蕾が出始めました。でも、ちょっと成長点付近が何かおかしい感じです。

 なにか、成長点付近の4cm程だけが盛り上がってきています。どうも少し頭部に段が付いてきてしまった様な感じです。そういえば今年は植え替えをしてなかったかもしれません。そのために鉢の中で根がいっぱいになったかも・・・。やっぱり定期的に植え替えしてあげないと調子が悪くなることが多いようです。今から植え替えしても遅すぎるかな・・・。どうするかちょっと考えてみます・・・・。
     




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/11/30(水) 22:16:14|
  2. マミラリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先週末東京へ行ってきました。

旅行富士山2016-1128blog

 先週末の11月26日から11月27日にかけて家内と兵庫から東京へ行ってきました。今回は東京にいる息子夫婦の子供、つまり孫達の七五三と言うことで、みんなでお祝いでした。

 まず、26日の東京行きの新幹線では、久しぶりの快晴で、新幹線の窓から富士山がきれいに見えて感激でした。今まで何十回も乗っていますが、こんなにきれいな富士山が見えたのは初めてでした。たとえ天気が晴れていても、ガスや雲ががかかったりすることが多くて、富士山の頂を見たことは全くありませんでした。それも白い雪が積もったきれいな姿です。新幹線からこんな姿を見られるとは思ってもいませんでした。写真は車窓からスマホで撮った写真です。窓越しなので色合いは今ひとつですが姿は綺麗に撮れました。車窓から撮った写真としてはまずまずでしょうか。

マリオット部屋1-2016-1128blog

 七五三の行事を済ませて、予約していたホテルへ向かいました。ホテルは前に宿泊して好印象だった東京マリオットホテルです。5年前に出来たばかりのきれいなホテルで、外資系らしく、ホテルの内装、朝食なども充実していて気に入っていました。

 チェックインしていると、他の部屋で空いている大きめに部屋があったので、変更させていただきましたといいます。どんなところかと部屋に入ってみると、なんと広い立派な部屋でびっくりです。通常ホテルの部屋は20-30平米くらいな所が、70平米くらいあります。広めのリビング風の部屋と、寝室、浴室兼トイレ、洗面所の3室に分かれています。テレビは寝室にもあり40型くらいのテレビが2台ありました。

マリオット部屋2-2016-1128blog

 こちらが洗面所。立派なアメニティーがいっぱいあって、家内は嬉しそうでした。この洗面所だけで普通のホテルのシングルルームくらいの広さはありそうです。

マリオット朝食1-2016-1128blog

 マリオットホテルの一番のお気に入りは朝食が充実していることでしょう。ビュッフェ形式で和洋中華一応ありますが、メインは洋食です。外資系と言うこともあって、朝食のメニューも洋食が充実しています。パンはフランスパン、ドイツ風のパン、クロワッサン、菓子パン風のパンなど色々あります。

マリオット朝食2-2016-1128blog

 私は食べませんがシリアルも種類が豊富、ヨーグルトにフレッシュジュース、フルーツも高級なのが揃っています。オムレツやベーコンなども注文して焼きたてを持ってきてくれます。どれもおいしくて、一通り食べようとしますが、種類が多すぎて全部全部は食べきれません。ちょっと多く取りすぎて残りそうになりました。

マリオット朝食3-2016-1128blog

 これがテーブルの上。貧乏人根性が出て、たくさん取りすぎです。朝から食べ過ぎて苦しいです。

 ホテルの朝食は、今までいろんなところで頂きました。日本一をうたい文句にしている、神戸のラスイーツ、世界一と言われる、北野ホテルの朝食、それらも確かに良かったですが、このマリオットの朝食も負けていません。私の個人的な感想としてはわずかにマリオットの方が好きかなと思います。次に東京で泊まるときにもここがやっぱり良さそうです。宿泊費は少々高めですが。

 ちなみに土曜から日曜日の1泊、2人で朝食付き、56000円くらいでした。平日ならこれよりもずーっと安いです。お奨めですよ。
     




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/11/28(月) 23:03:43|
  2. 旅行・行楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エキノケレウス、マミラリアナピナなどの実生苗

エキノカクタス実生苗2016-1112blog

 3年半ほど前の実生苗です。エキノケレウスと銀冠玉が1本。

 手前の赤い刺の4頭は太陽の実生苗で、小さな時から4頭立てになりました。普通は子吹きしにくいのですが、この苗だけは小さな時から4頭です。別に胴切りしたわけでもありません。その横の白い刺も同じ時の種子から生まれた苗で、いわば白刺太陽といえるかもしれません。奥はレイチェンバッチ、左の毛柱のようなのもエキノセレウスのはずなんですが、今は名前が確認できません。こんなエキノケレウスってあったっけ?

 どれも家の苗には珍しく、まずまず元気そうです。最近うまく育たないのが多くて自信消失気味です。

ナピナなど実生苗2016-1112blog

 こちらはマミラリア・ナピナとエキノケレウスです。左手前3本がマミラリア・ナピナです。美花種として有名な品種ですが、我が家での実生苗はまだ開花していません。この年と、その前の年の苗がありますが、まだ開花年齢に達しないようです。だいたい、開花は5-6cm以上でしょうか。来年の春に咲くかどうかというところ。この苗はまだもう2-3年かかるでしょう。うまく育てばということですが。ナピナは白星のようにはすくすくとは育ってくれません。ナピナはマミラリアには珍しく、太根の硬質な肌のタイプです。根がかなり太らないと花が咲かないようです。細根をいっぱい伸ばす白星とは全くタイプが違います。概して細根をたくさん出すタイプは成長が早いです。家ではその根を出来るだけカットしないで植え替えるようにしています。そうすると成長がとぎれず、すくすくそだちます。

 この鉢の中央右手の3株は宇宙殿ですが、成長点が茶色くなって調子が良くないです。家にはこういう風に成長点が茶色くなって成長が止まってしまう苗がかなり出ています。その原因を探っているのですが、今のところわからずじまいです。何とかしないといけないのですが・・・・。
     




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/11/25(金) 22:44:57|
  2. エキノケレウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

こちらもきれいになってきたコンプトニアナ

コンプトニアナ親-2016-1116blog

 3日前に載せましたコレクタと同時に7月に購入した、ハオルチア・コンプトニアナです。根が伸びてきて元気になり、生き生きとしてきました。葉先の透明感が絶妙、葉脈のような筋も良い感じです。

 購入時に付いていた名札には「酒井コンプト実生特選抜 S4(美白線選抜)」とあります。酒井さんという名は、他の品種でも時々目にします。さぞやハオルチア栽培で高名な方なのでしょう。確かに魅力的な姿の苗です。

 この苗はまだ葉数としては少なめです。もう少し葉が多くなればその重なり合いでさぞや立派に見えることでしょう。今の大きさは12cmくらい。まだもう少しは大きくなりそうです。

コンプトニアナ子供-2016-1116blog

 こちらはその子供達です。3頭株だった物をばらした小さな方の苗です。小さいと言っても大きさは9cmくらいあります。まだ葉数が少ないので見応えはないですが、もう1年もすれば立派な親苗になることでしょう。2本共に元気に育っています。来年の春にはそれぞれ1本植えにして独立させたいと思います。

桃花白星7cm2016-1122blog

 先日からヤフオクに桃花白星を出品しています。自家実生の桃花白星同志を交配して得られた種を蒔いて実生した苗です。この苗はその中でも一番きれいな色の花の苗です。よろしかったら覗いてやってください。
ヤフオクの桃花白星
     




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/11/24(木) 22:32:41|
  2. ハオルチア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オギザリス咲きました。

オギザリス2016-1122-1blog

 蕾が出始めていたオギザリスの花が咲きました。細い軸を伸ばしてその先にピンクのかわいい花を咲かせます。今年は雨に打たれたせいもあり、ちょっと横へ垂れ下がり、横を向いているのもあります。花の軸が細いので雨が当たるとすぐに横を向いてしまいます。

オギザリス2016-1122-2blog

 このオギザリスは雑草としてやっかいなカタバミの仲間と聞きます。それにしては生態はかなり違うようですが。この苗は小さな球根。方やカタバミは根とランナーを出してどんどん横に伸びてきます。小さな花を咲かせてすぐに実を付け、その実がはじけて種が周辺に飛び散ります。その種はすぐに発芽してまたどんどん増えます。うちの温室内もこのカタバミが増えて難儀しています。

 このオギザリスはその点かわいい物です。これならいくら増えてくれても文句はありません。来年の春頃には二つの鉢に分けて増やそうかなと思っています。気をつけないといけないのは、地上部が枯れたら何の苗だったかよくわからないこと。5-7mmくらいのほんの小さな球根です。間違って捨ててしまわないように気をつけないといけません。
     




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/11/23(水) 22:06:54|
  2. 野菜と花の栽培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年はうまく咲いた皇帝ダリア

皇帝ダリア2016-1122-1blog

 毎年、11月の中下旬になって咲き出す皇帝ダリアが今年はきれいに咲きそろいました。ダリアの仲間は寒さに弱く、霜が降りるとすぐに枯れてしまいます。そのため、寒さが早めにくる年には十分に花を見ることなく枯れてしまい、残念な思いをすることもありました。

 今年は幸い、今までそれほどの寒波がなく、どうやら花の終わり頃までは持ちそうです。ピンクのきれいな花です。我が家の苗は鉢植えと言うこともあり、それほど花数は多くないですが、それでも14個の花と蕾を確認しました。高いところに咲くので余り大きいという印象にはならないですが、花径は10cmを超えます。

皇帝ダリア2016-1122-2blog

 最近はめっきり少なくなった、ミツバチも花に集まっていました。ミツバチがいなくなると、野菜や果物の収穫に大きな影響が出ると聞きます。どうかもっと増えてくれればいいと思うのですが。我が家の近くでも、ミツバチよりもスズメバチの方が目立つようになってみました。今の時期、サザンカの花にも寄ってきます。サザンカの近くを歩くときには近くまで寄ってきて怖い思いをすることもあります。どうにかならないかといつも思います。

 この皇帝ダリア、花が終われば来年に向けて苗の準備をしようと思うのですが。以前にネットで根元の一節分を切り取って挿し木すれば根を出して、翌年用の苗にすることができるという記事を見ました。やってみたい物です。時間があればですが・・・・。
     




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/11/22(火) 22:32:30|
  2. 野菜と花の栽培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きれいになってきた7月購入のコレクタ

コレクタ親2016-1116blog

 7月に入手した、ハオルチア・コレクタが元気になってきれいになってきました。

 中心部分には花芽も出始めました。最初は茶色味を帯びていた葉も元気な緑になって生き生きしてきました。すこし歪んでいた葉の形も整ってバランスが良くなりました。コレクタは中心部分の背が低いのが特徴のようです。コンプトなどはもっと背が高めです。葉の編み目もきれいです。

コレクタ2016-0730blog

 ちなみにこれが4ヶ月前に入手したときの写真です。葉の向きも整ってきた感じです。大きさは少しだけ大きくなって14cmくらい。なかなか良い味わいです。葉先の透明感もグッドです。

コレクタ子供2016-1116blog

 そしてこれがその時はずした子供の方です。子供と言っても大きさは10cm越え。結構な大きさですが、形がいまいちです。もう少し大きくなって葉の数が増えてくれば整ってくるでしょう。元々こちらの方が根がたくさん付いていました。遅からず親同然のきれいな姿になってくれるでしょう。
     




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/11/21(月) 22:29:38|
  2. ハオルチア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エルナンデシーに蕾が

エルナンデシー2016-1116-2blog

 マミラリア・エルナンデシーに蕾が出てきました。

 エルナンデシーは以前に育てていましたが、なぜか枯れてしまい、今あるのはその後再び購入した苗です。それでもこの苗もほぼ1年ほどになります。エルナンデシーは春によく成長し、次々に新刺を出してかなり大きくなりました。今は新刺を出さないところを見ると、成長は止まっているようです。でも蕾が出てきました。もうすぐに開花しそうです。エルナンデシーはその苗の大きさからするとかなり大きめの花が咲きます。マミラリアのサボテンはだいたい小さめの花が多い中、貴重な大花種と言えます。

 マミラリアの大きめの花を咲かせる品種は、ナピナやテレサエ、ルエッティーなどがありますがほとんどが春咲きです。エルナンデシーの様な秋から冬に咲く品種は他には少ないです。それだけに貴重な存在。花の少ない今の時期、温室内を華やかにしてくれるかわいいやつです。

エルナンデシー2016-1116blog

 エルナンデシーは結構成長が遅めで、なかなか大きくならないと聞きます。成長期が春から夏の短い間に限られるからでしょうか。以前に枯らしてしまったこともあり、今度は気をつけて育てたいと思います。また花が咲いたら載せます。
     




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/11/20(日) 19:14:04|
  2. マミラリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オブツーサも色々あるけれど

オブツーサ4苗2016-1016blog

 今年の春先に子供を4個寄せ植えしていたら、もうこんなに大きくなり生ました。ハオルチア・オブツーサです。

 この苗は比較的大型で、丸々とした粒状の葉がかわいいです。通称オブツーサと呼ばれているのは、クーペリーという品種だそうです。その中でも、紫オブツーサや、ブラックオブツーサ、雫石などと呼ばれるタイプ違いがあるようです。うちにはごく普通のオブツーサだけしかありませんが、そのうちいろんなタイプを集めてみたいと思います。でも見た目の魅力としてはそれほど変わらないので、そんなに集める価値があるのかどうかちょっと疑問もありますが。

 そんな中で斑入りのオブツーサはずーっと欲しいと思っていました。先日ヤフオクでごく小さなマリンという名の苗を入手しました。どうもオブツーサ系の交配種の斑入りのようですが、詳しいことはよくわかりません。苗が小さすぎてまだまだお目にかけるほどの物ではないので、今回は伏せておきます。また鑑賞できる大きさになったら載せたいと思います。

 最近、ハオルチアの価格が高騰して困ります。聞くところによると、中国での多肉ブームの影響とか。各地でハオルチアの苗が盗難に遭っているということも話題になっています。私たちのように苗を収集している身には困ったことですが、従来からたくさん育てて、それを販売する方なら、もうかって嬉しい悲鳴という方も居られるでしょう。私もそんなハオルチアブームに乗りたいところですが、いかんせんまだほんの初心者です。まあ、焦らずこつこつと行くしかないですね。
     




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/11/18(金) 22:43:19|
  2. ハオルチア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エキノセレウス・ラサンサス

ラサンタス2016-1106blog

 2012年の12月にアメリカのメサガーデンで種子を購入し、春先に播きました。そしてその発芽した苗の1ヶ月くらいの物をキリンウチワに接ぎ木しました。それから2年半くらいの一昨年夏に接ぎ下ろしをしました。

 その後1年半。エキノケレウス・ラサンサスの今の様子です。一応接ぎ下ろしは出来ているようですが、元気なのかどうか、ちょっと微妙な感じ。何とか接ぎ下ろしの時よりは一回り大きくなってはいます。ここには4本植えています。どれも子供が出て群生苗になっています。去年まではまだ花が咲いていません。

 エキノケレウス属の花はある程度大きくならないと咲かないものが多いようです。こんな群生苗なら、広がり10cmくらいにならないと咲かないものが多そうです。果たして来年花が見られるでしょうか。この4本の苗はキリンウチワの台木が付いたままです。台木が腐ってくると穂の方もだめになる確率が高いです。念のため来年の春には台木なしの状態にするように胴切りをしようかと思っています。ある程度背が高くなればそれも可能でしょう。ただし群生株はばらすことになるので、その時点でなくなってしまいます。それがちょっともったいない。それで今までそのままにしておいたのですが。

 キリンウチワの接ぎ木はうまく接ぎ下ろしが出来るかどうかでその評価が変わります。私の今の感想としては、背の高くなる品種は下の方で台木なしで切り離せばうまくいくことが多いと思います。背の低い物はうまくいきにくいように感じます。このブログの読者のお方で、キリンウチワ接ぎをされておられるお方の感想はいかがですか。
     




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/11/17(木) 22:35:25|
  2. エキノケレウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この精巧殿変種はキリンウチワ接ぎ下ろし

精巧殿変種2016-1106blog

 きれいに群生したペレキフォラ・精巧殿変種です。輸入種子を私が実生して、それをキリンウチワに接ぎ木、約3年後に接ぎ下ろししています。キリンウチワから接ぎ下ろしをするときには、穂の下部を切り取る余裕があるときには台木を残さず切るのですが、穂の方に切る余裕がない場合は、台木を付けて降ろす様にしています。この苗は台木付きです。台木を残さずに降ろして、うまく根が出れば跡は普通の正木と同じようにして扱えます。台木付きで降ろした場合には、後々台木が腐ってきた場合には穂の方まで腐りが進行することも考えられます。

 この苗は接ぎ下ろし1年半で、今のところ元気そうです。春の時期に比べるとだいぶ株径も大きくなったようです。成長点には蕾らしきのが見えかけています。この苗は花径は小さめながら、たくさん花が咲く多花性の品種のようで、これまでもたくさん花を咲かせてくれました。でもいつ台木が腐って穂の方までその腐りが進行してこないか冷や冷やしながら眺めています。とりあえずは来春の花がたくさん咲いてくれることを期待しているのですが・・・・。
     




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/11/16(水) 22:28:11|
  2. ペレキフォラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤くなったのと、ならなかったの 火祭り

火祭り2016-1106blog

 3年ほど前近所の厄神さん(厄除け稲荷)へ行ったときに買ったエケベリア・火祭りです。一度夏場に枯れかけて、日照不足からか徒長してその子供が温室の棚下に転がっていました。それを夏に植え付けてそれから屋外に置いておりました。葉は小さくなって買ったときよりも貧弱です。でもこの冷え込みで赤くなってきました。最初に買ったときには葉がもっと大きく立派でした。色合いは成長点付近が赤くてきれいです。これからもっと冷え込むともっと赤くなると思います。

火祭り2-2016-1112blog

 ちなみにこれが温室内に残っていた同じ火祭りの苗です。こちらはほとんど色付くことなく緑のままです。葉先の部分だけがほんのり赤みが来かけています。違うもんですね。

 それにしても、多肉植物は私にとってはほぼ初心者同様。この火祭りもうまく幅広の葉に育てられません。どうやったらそういう立派な苗に育てられるのでしょうか。最初は多肉植物というと、冬の寒さに弱いという印象を持っていましたが、多くに品種は多少0度を下回るくらいの温度であっても大丈夫みたいです。それよりも、夏の暑さの方が弱いものが多そうです。サボテンは真夏に40度を超す温度になっても問題ないですが、多肉は根が腐ったり、体が透明になって腐ってしまうこともあります。どちらかというと夏の方が心配です。

 それに、多肉には弱光線を好む物と、強光線を好む物があるようで、ハオルチアのように常時弱光線ではうまく育たない物もありそうです。この火祭りももう少し強光線で育てた方がいいのかもしれません。まだまだ勉強不足ですね。
     




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/11/15(火) 22:28:31|
  2. エケベリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なかなか元気が出ない翁玉の古苗

翁玉群生1-2016-1023blog

 私の所には40年以上前からの生き残りのマミラリア・翁玉が5株あります。いずれもわたしが若い頃に種を買って実生した苗です。翁玉はかなり丈夫なので、腐ることもなく生き続けています。しかし、いずれも40歳を超す老株には違いありません。なかなか元気な若株の様には育ってくれません。

 この苗は5株ある翁玉の中でも一番大きめの苗です。直径は20cmを少し超す程度。秋から冬にかけては翁玉の成長期でもあります。本来なら成長点付近に白い綿毛を出してきて開花準備を始める頃なのですが余り綿毛が出てきません。今年の秋に植え替えをしましたが、根が枯れた様子はない物の、2-3mmの太めの根が多く、もっと細い根はほんの少ししか出ていませんでした。養分を吸収するのは細い根の方です。太い根はそれ自身では余り養分を吸収しないようです。サボテンをうまく生長させるには細い根をどれだけたくさん出させるかが鈎になります。

 植え替えの時には根を切らず、そのままそーと植え直しました。これでうまく新しい根が出てくれれば良いのですが、細根がでないと今年の開花も余り期待できません。あまりに長い年月を経て、球体が老化しているかもしれません。何か良い栄養剤などありませんかね。万田酵素などをちょっと多めに与えてみましょうか。苗が弱っているときに肥料分をやり過ぎると逆効果になるかもしれません。さてどうした物か・・・・。
     




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/11/14(月) 22:39:14|
  2. マミラリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あの赤かったヘキラン錦達は・・・・

ヘキラン錦接ぎ木2016-1106blog

 ヘキラン錦の接ぎ木苗です。

 2年ほど前までは冬場は真っ赤になっていました。果たして今年はどうでしょう。去年は赤くなるかと期待しましたが、余り色付かず、結局中途半端な色合いで終わってしまいました。

ヘキラン錦紅葉2016-0118blog

 これが今年の初め、2016年1月18日の写真です。ほんの少し赤みが出ている程度で、ほとんど色変わりなしといってもいい状態でした。球体は現在の方が少し大きくなっています。やっぱり、ヘキラン錦の斑の部分というのは大きくなるに従って色づきが少なくなるのでしょうか。

紅葉ヘキラン錦3-2015-0215blog

 これがその1年ほど前2015年2月の写真。同じ苗とは思えないほどの色合いです。この苗は4本ある内の一番上側の苗です。

 やっぱり色づきが見たいので、少し寒さに遭わせてやろうかなと思っています。最近は温室内も加温して夜間の設定温度は16度になっています。エケベリアなどの多肉も寒さに遭わないと色付かないようなので、サボテンも同じではないかと考えました。寒さで凍って腐っては元も子もないので、霜が降りない時を見計らって野外で夜を越させるようにさせてみようかと思います。果たしてうまくいくでしょうか。
     




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/11/13(日) 20:55:49|
  2. ランポウ類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ショウガがたくさん採れました。

ショウガ2016-1112-2blog

 今年はショウガがたくさん採れました。これが今日の収穫です。合計8株掘って、これで約10kgくらいでしょう。

 ここ5-6年はずーっとショウガを畑で作っていますが、今までで今年が一番の収量です。今日掘ったのは8株ですが、すでに掘っていたのが10株以上あって、合計で20数株あったでしょう。種芋は確か1000円くらいだったと思います。収量は全部で25kgくらいになるでしょう。もうすでに掘っていた分は知り合いにあげたり、家内が甘辛煮にしたりして頂いています。辛味はありますが、ぴりっとしておいしいです。それに体にも良いですので、この時期には新生姜としていろんな料理で頂きたい物です。

ショウガ2016-1112blog

 これが今日収穫した中で一番の大株。一つの種芋からこんなに大きくなって収穫できるとは驚きです。一株で約1kgありました。

 今年は夏場の好天時にほぼ毎日十分な灌水をして、水分を切らさないようにし、夏の暑い頃に追肥として有機化成肥料をひとつまみづつ根元に入れたのが効いた感じです。秋口からの株の広がりが多く感じられました。おそらく元の種芋の15倍から20倍くらいに増えたように思います。今年はショウガに関しては大成功でした。

 これから冬になって寒さが厳しくなるとショウガ料理であらだを暖めると風邪対策としても良いようです。風邪気味になると、ショウガ入りの紅茶、蜂蜜ショウガ湯などを重宝します。皆さんもショウガ作りお奨めしますよ。
     




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/11/12(土) 17:22:43|
  2. 野菜と花の栽培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

少し色付いてきたピンクルルビー

ピンクルルビー2016-1106blog

 去年の春に近くの花屋さんで買ったエケベリア・ピンクルルビーが少し色付いてきました。

 去年の春買ったときにはほんの少し葉先が赤みを帯びていた程度でした。それが夏頃には緑一色になり、去年の冬場には少し色付きましたが、名札に載っているほどの良い色合いにはなりませんでした。

 この苗は名前がピンクルルビー(付いていた名札にはピンクルルビーと書かれていましたが、ピンクルビーではないかと・・・・)と言うからにはきれいなピンク色になるはずと思うのですが、どうでしょう。葉先の赤みはきれいですが、外の部分の葉はピンクというより赤褐色っぽい色です。もう少し黄色みが増えてくれれば良いんですが。

 この苗は出来るだけ寒さに遭わせるようにと、わざと温室内に置かず、屋外で育てています。外気温が0度を下回らない限り腐ることはないだろうと見ています。エケベリアなどの多肉植物は寒さに当たることによって赤い色が出るようです。ずーと温室内の暖かいところに置いておくとずーっと緑のままです。

 この苗、もう少しこのまま屋外において、霜が降りそうになったら温室内に取り込もうと思います。色の変化がどの程度変わるのかまたご報告したいと思います。
     




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/11/11(金) 22:22:29|
  2. ベンケイソウ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年の春胴切りした月世界

月世界胴切り2016-1106blog

 この3株は今年の春、胴切りしたエピテランサ・月世界です。

 この3株は元々大きめの群生株だった苗をばらしてそれを挿し木した苗です。挿し木後2年目の今年の春に、群生株を作ろうと胴切りしました。胴切りした跡なかなか子吹きしないなと、眺めてみると、ようやく少しだけ子供が出始めました。

 従来、胴切りした苗は成長点に一番近い部分から子吹きすることが多いので、これらの苗もそうなる物と思っていました。それがどうでしょう、一番根元の部分から子供が出始めたではないですか。こんな事は今までありませんでした。それもほんの少しだけしか出ていません。きれいな群生株を作るには成長点付近から子が出てくれないとうまくいきません。

 そういえばこの苗たちは1年半ほど植え替えしていません。どうも根の調子が余り良くないかもしれません。確認したいところですが、今はどうも時期が良くありません。来年の春先に抜いてみてみましょう。根の調子が良くなれば追加で子が出てくれるかもしれません。うまくいく確率は低そうですが・・・・。
     




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/11/10(木) 22:30:23|
  2. エピテランサ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大きくなった豊明丸の群生株

豊明丸群生2016-1102-2blog

 秋になって、マミラリア・豊明丸の群生株も少しづつ成長してきたようです。

 私のブログには時々登場する常連ですが、入手後約5年で直径は20cm強の大きさになりました。頭数は最初に入手したときのまま、9頭です。一頭一頭の大きさは5cm前後で変わりませんが、背が徐々に高くなってきました。もう10cm近くなってきています。そろそろ一頭一頭にも子供が出来てもおかしくない大きさです。いつも、秋から成長点付近の白毛が増えてきて、年始め頃から花が咲き始めます。ピンクのかわいい花です。

豊明丸群生2016-1102-1blog

 近縁種のペレツデラロサエと比べると、中刺が赤茶色をしているところが違います。中刺はペレツデラロサエの方が太くて立派です。それに比べると全体的に女性的な優雅さを感じます。

 この苗の購入当初の写真です。

豊明丸群生2011-1018blog

 デジカメのデータに残っている日付を見ると、2011年10月でした。丸5年です。この苗は元々はヤフオクで入手した苗です。私が胴切りした物ではなく、最初から群生株になっていました。おそらく、入手する前年あたりに胴切りされて群生株になった物と思われます。このときの写真も9頭立てです。この辺はそのまま同じです。こうやってみると、豊明丸も小さな頃の方がかわいくていいようにも思えます。大きくなると迫力はありますが、かわいさは減少します。

 先日ご紹介した我が家での実生の豊明丸も来春には胴切りしてこんな群生株にしたいなと思います。今は季節が良くないので我慢です。サボテンの胴切りはやっぱり一番の成長期である春先にしないといけません。4月頃までお預けです。
     




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/11/08(火) 22:43:04|
  2. マミラリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寄せ植えの鉢

寄せ植え2016-1102blog

 私の温室には珍しいサボテンの寄せ植え苗です。

 左上と右下がペレキフォラ・バラ丸、右上がエキノプシス・世界の図、左下はマミラリア・ペレツデラロサエです。

 この鉢は別に意図的にこんな植え方をしたわけではなく、その辺に余っていた苗を寄せ集めて植えた苗です。それでもみんな割合元気に育っています。バラ丸はちょっと季節外れに花を咲かせています。バラ丸は他にもありますが、気の早い苗はもう今頃から花を着るのもありますが普通は年末から1-2月頃花を咲かせるのが多いです。まあいつ見てもきれいな花です。

 このペレツデラロサエは、ちょっと根腐れを起こして根元から切って乾燥させていた苗でした。とりあえず空いているところにと、この鉢に収まっている状態です。成長点から新刺が出てきているので根が出てきたと見て良さそうです。もう少しすれば蕾が顔を覗かせるようになるでしょう。

 もう半年このままにして、翌春植え替えをしてやろうかと思います。今度植え替えをするときには、違う種類で、花の時期が同じ苗を選ぶと、一鉢で2種類の花が同時に楽しめて良いかもしれません。何か良い組み合わせはないでしょうかね。
     




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/11/07(月) 22:40:34|
  2. ペレキフォラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こちらも調子が良くない銀冠玉

銀冠玉2016-1002blog

 昨日に引き続き調子の良くない苗です。

 ロホホラ・銀冠玉。4-5年前に入手した物ですが、成長点付近が茶色くなって調子が悪いです。どうも、最近の我が家のサボテンにはこういう成長点が茶色くなる苗が続出しています。銀冠玉は3本あったのがほとんどに多様な茶色いかさぶた状になっていますし、他のロホホラ、翠冠玉も茶色くなってきました。本来緑や、コバルトブルー系の肌の美しさが魅力の苗たちです。こういうかさぶた状の肌になっては魅力がなくなってしまいます。成長も止まり気味で、うまく育ちません。根が腐って来ているわけではなさそうで、一応枯れる気配はありません。どうも、虫か病気が原因と思われますが、何のせいなのかはわかりません。こういう外観の苗は我が家だけではなく、他でも見かけることがあります。何が原因なんでしょう。2年ほど前に大発生した、ワタムシの被害でこういう害が出たのかと思っていましたが、最近も発生するところを見ると、そうでもなさそうです。

 一つ考えられるのは薬害の影響です。先日、畑の野菜に付いている害虫を退治するために種苗屋さんへ行ったとき、アブラナ科の葉物野菜にスミチオンをかけると茶色くなって枯れたりするという話を始めて聞きました。そういえば、以前スミチオンなどの薬を野菜にかけたときに葉の先端が茶色くなることがありました。最初、私の使用した薬の希釈倍率が間違っていたのかと思っていましたが、どうもそれは薬害のせいだろうとわかりました。最近は私も農薬などをホームセンターで購入することが多く、他の人と相談することもなく、勝手に自分一人でホームセンターの薬置き場から買い物籠に入れて買っていました。そのため、そんな薬害があるとは全く知りませんでした。

 サボテンに対しても薬害については一般的にはほとんど資料などがないので、どんな薬が良くないのかはわかりません。私の使用した殺虫剤などでサボテンに害のある物があった可能性がないとは言えません。もしそういうのがあるとすれば、成長点付近に害が出やすいと思われます。

 この辺について、もう少し勉強してみないといけません。薬もかなり変わってきていますが、昔から売られている薬もあるはずです。ちょっと昔の資料を調べてみましょう。
     




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/11/06(日) 22:27:26|
  2. ロホホラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

枯れそうになったルエッティーの接ぎ木苗

ルエッティー接ぎ木2016-1102blog

 今年入手したばかりのマミラリア・ルエッティーの接ぎ木苗がまた枯れそうです。

 今年の春入手して、出ていた子をはずして接ぎ木したり、挿し木したりしてその残った部分です。夏頃までは元気にしていましたが、秋口から茶色くなり始め、今ではほとんど枯れ始めてしまったように見えます。

 春に子をはずしたときは、切り口にベンレートを塗ったおかげでその部分には問題なかったようです。それからしばらくは少しずつ成長していたように見えました。竜神木の接ぎ木ですので根が腐ったりはしていないと思うのですが、なぜだかよくわかりません。

 ルエッティーは以前にも何回も育てていますが、なかなかまともに育ったことがありません。長くて1年くらいで調子がおかしくなって枯れてしまうことが多いです。自根の物も、接ぎ木の物もやっぱりうまく育ちません。どこに原因があるのでしょう。病気なのか、何か虫が原因しているのか、または強い日差しのせいなのか・・・・。何とか原因を突き止める必要があります。この原因について心当たりのある方はいらっしゃいませんか。私のようにルエッティーをうまく育てられない方が居られないか、情報交換いたしませんか。アドバイスお待ちしています。
     




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/11/05(土) 23:01:37|
  2. マミラリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

白星の実生苗

白星4-2016-1102blog

 続きです。こちらが第2世代の桃花白星です。春に寄せ植えだった苗を植え替えて2寸5分鉢に植えました。植え替えたときには4cmくらいだったのが子供が出来て今では8cmくらいになっています。うまく成長するとすごく大きくなります。白星が刺の白い部分が多くて肌が余り見えないときは成長が止まっているか緩やかなときです。旺盛に成長しているときは刺毛の間から緑の肌が見えます。この苗も緑の肌が見えています。そこには蕾らしき物も見えます。この苗もおそらく今年が初めての開花でしょう。自家実生なのでどんな色の花が咲くのかはわかりません。蕾の色が濃いピンクなら、濃いめのピンク花が、薄めの色なら薄めのピンクの花が咲くようです。この苗は少し薄めのピンク花かもしれません。

白星3-2016-1102blog

 こちらも第二世代の桃花白星。こちらも春に植え替えした物です。こちらは主頭が7cmくらいと大きく、そこに子供が2個で始めています。ちょっと大型そうな感じ。こちらにも蕾の小さいのが見えています。こういう大型の苗は花も大きいようです。私の最初に買った種が大型という注釈が付いていました。こういう苗は大きくなったときにどっしりした量感が出て立派な苗になります。小型の種類は小さな時はかわいいですが、大きくなると細かすぎて面白味に欠けます。

 桃花白星は花が咲いてみないとその違いがわかりません。これから開花時期が来て花を着けだしたら、交換会やオークションにでも出品してみようかと思います。今うちにはこれと同じような苗が10本以上あります。少し減らさないと手狭になってしまいます。開花が待ち遠しいです。
     




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/11/04(金) 22:17:28|
  2. マミラリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう花が咲き出した白星達

白星1-2016-1102blog

 我が家にはマミラリア・白星がたくさんあります。元々は2-3本だけでしたが、輸入種子を買った来て実生してからどんどん増えて、今では20本以上あると思います。

 普通の白星の花の色は白または薄いクリーム色です。白星は真っ白な綿毛を密集して体を覆うように出します。そのため外観はほとんど真っ白な色合いです。そこに白い花を着けても余り目立ちません。そこでピンク色の花の桃花白星の登場となります。白い綿毛の中からピンク色に花を咲かせるのは何ともかわいいものです。

 そんなことで、私が桃花白星の種子をドイツのコーレスから購入して蒔いたのが5年ほど前。白星は成長が早く育てやすいのもあって、その時の子供は今では10cmを超える大きさに育っています。

 桃花白星と言っても、種の状態ではどんな花が咲くのかは、実生してそれが花の咲く大きさにならないとわかりません。桃花白星の種は、その種を取った親株がピンクの花を咲かせていたのでしょうが、その花粉親、種親共にピンクの花なのかどうかは定かではありません。もし片親が白花なら、その中間的な花色が多く生まれるでしょう。

 私の実生した桃花白星の苗の花色は、濃いめのピンク色の物が3割ほど、残りは薄めのピンクでした。そんな中から、花色が濃くてきれいな苗同志を交配して種を取ったのが3年前です。その苗もそろそろ花を咲かせるようになってきて、2代目の桃花白星達の開花が近づいてきています。

 上の写真は、我が家で一番おおきめに白星です。大きさは13cmくらい。これは我が家での実生ではなく、どこかから購入した苗だったと思います。花色は薄めのピンク。花の大きさは標準的な2cm弱の大きさです。本来の花の時期は12月から3月頃まで。かなり気の早い開花です。

白星2-2016-1102blog

 こちらは、2代目の実生苗、10.5cmプラ鉢に3本植わっています。苗の大きさは3-4cmで、普通はこれくらいの大きさから花を着け始めます。1本開花を始めています。なかなか良い色合いの花色です。この鉢ももういっぱいの状態。植え替えしないといけません。こんな苗が数鉢残っています。まだ今年の植え替えまに合うかな・・・・。これくらいの苗を2.5寸鉢に植え替えするとすぐにはみ出すくらいの大きさになります。うちの温室にはそんな苗がいっぱいになってきました。   以下次回につづきます・・・・・・。
     




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/11/02(水) 22:40:29|
  2. マミラリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ysc726

Author:ysc726
サボテンとカメラを趣味とする男性です。
サボテンの魅力を引き出してサボテン愛好家を少しでも増やせるようなブログにしたいと思っています。
サボテン以外の写真も含まれるかもしれませんが。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
マミラリア (453)
牡丹類 (30)
ハオルチア (97)
私の経歴 (1)
兜丸類 (73)
プレゼント (2)
ギムノカリウム (65)
ランポウ類 (117)
エピテランサ (43)
エキノカクタス (115)
ベンケイソウ科 (7)
ロホホラ (37)
テロカクタス (36)
ネオポルテリア (7)
毛柱類 (5)
エケベリア (5)
ノトカクタス (16)
グルメ (2)
クリスマスローズ (1)
ソリシア (3)
フェロカクタス (40)
ジャズ (1)
野菜と花の栽培 (102)
水やり (1)
植え替え (1)
アストロフィツム (14)
エキノケレウス (11)
タケノコ (1)
接ぎ木・接ぎ下ろし (46)
サボテン写真集 (1)
実生・採種 (39)
クラインジア (17)
エキノプシス (8)
多肉植物 (20)
その他 (66)
コリファンタ (10)
旅行・行楽 (15)
肥料・栄養剤 (1)
ペレキフォラ (45)
ホマロケフェラ (5)
ロビオプシス (13)
アガベ (8)
ユーベルマニアナ (23)
ロビビア (6)
コノフィツム (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR