サボテンと写真

大好きなサボテンや花の写真を中心にしたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

40歳の翁玉No3とNo.4

翁玉3-2015-0322blog

 前にうちの40歳のマミラリア・翁玉のNo1とNo.5をご紹介しました。今日は残りのうち、No3とNo4のご紹介です。

 上の苗No3の苗です。Noの数字は区別のために適当に付けているだけで、深い意味はありません。だいたいの大きさ順にしています。この苗は他の4本と違って、子吹きせず、成長点が分かれる分頭という性質をもっています。極小苗の時に、1頭が分等して2頭になり、そのまま約30年成長して、また一昨年からそれぞれの成長点が分かれて、ほぼ2頭共に分頭が終わったところです。この苗だけこんな風に分等するなんて不思議なことです。確かに同じ時に購入した種を蒔いて育てた苗なのですが、全然性質が異なります。普通の翁玉は分等しないで子吹きするものが多いです。

 それにこの苗の花は、クリーム色で花色も異なります。5本おうち3本は濃いピンク。後の2本はクリーム色です。この種親に、他の種類の性質が入っていたのでしょうか。マミラリアのサボテンは同じ属中に何千種類もの品種があるそうです。それらは似たような性質や外観の物も少なくないようで、お互い同士が自然交配されることもあり得ます。自然界では昆虫などによって、異なる品種との交配がされることもあるのでしょう。マミラリアのサボテンの中にはそうやってできあがった品種もあるようです。この翁玉もそんなサボテンなのかもしれません。
 
翁玉4-2015-0322blog

 こちらは5頭立てです。少し前までは6頭立てでした。1個、温室の窓に当たって取れてしまい、結果、5頭立てになっています。この苗は小さな時、おそらく35年以上前に自然に子吹きして6頭になり、そのまま大きくなった苗です。約35年間子吹きしないと言うことは、子吹きする性質は余り強くないと言うことでしょう。この苗もやや赤味はありますが、クリーム色の花を付けています。ちょっと上の苗とにています。刺の感じもよく似ています。派手さはないですが細やかな刺と、白毛が好きです。

翁玉根2015-0322blog

 写真撮影後に植え替えのために鉢から抜いて、根を整理しました。そうすると根の切り口から白い乳液上の汁が出てきました。切り口から細菌などの侵入を防ぐために自然に出てくる樹液のようです。この樹液は、肌の部分が傷ついても出てきます。この樹液によって根や体の腐りを防ぐ能力を備えているのでしょう。そんな性質のために丈夫で、我が家の手抜き栽培にも耐えて、40年間も生き長らえたのでしょう。

 この白い樹液は、玉翁、玉翁殿、白龍丸などにもあって、たまたまうちの40年生の古苗が全てこの中に含まれていました。結局その性質によって腐ることなく40年間生き長らえたと言うことなんでしょう。

 せっかく40年物長くのつきあいなんですから、もう少しうまく育てて、花ももっと咲くようにしてがないとかわいそうです。今の状態はまだまだ100%元気な状態とは言えないみたいです。植え替えをして元気を取り戻してくれますように。
   




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2015/03/27(金) 23:19:11|
  2. マミラリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鶴の子丸に花が咲きました。 | ホーム | 赤い新刺が出てきました。花王丸小苗>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ysc726.blog.fc2.com/tb.php/1056-3c06b098
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ysc726

Author:ysc726
サボテンとカメラを趣味とする男性です。
サボテンの魅力を引き出してサボテン愛好家を少しでも増やせるようなブログにしたいと思っています。
サボテン以外の写真も含まれるかもしれませんが。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
マミラリア (458)
牡丹類 (30)
ハオルチア (108)
私の経歴 (1)
兜丸類 (73)
プレゼント (2)
ギムノカリウム (67)
ランポウ類 (123)
エピテランサ (47)
エキノカクタス (124)
ベンケイソウ科 (7)
ロホホラ (37)
テロカクタス (40)
ネオポルテリア (7)
毛柱類 (5)
エケベリア (5)
ノトカクタス (18)
グルメ (2)
クリスマスローズ (1)
ソリシア (3)
フェロカクタス (40)
ジャズ (1)
野菜と花の栽培 (111)
水やり (1)
植え替え (1)
アストロフィツム (17)
エキノケレウス (11)
タケノコ (1)
接ぎ木・接ぎ下ろし (46)
サボテン写真集 (1)
実生・採種 (41)
クラインジア (17)
エキノプシス (9)
多肉植物 (20)
その他 (71)
コリファンタ (10)
旅行・行楽 (16)
肥料・栄養剤 (1)
ペレキフォラ (46)
ホマロケフェラ (5)
ロビオプシス (17)
アガベ (8)
ユーベルマニアナ (23)
ロビビア (8)
コノフィツム (2)
センペルビウム (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。