サボテンと写真

大好きなサボテンや花の写真を中心にしたブログです。

万象とグリーンエイト

万象2015-0326blog

 ハオルチア・続きになりますが、万象をもう一度載せておきます。

 小さいのを入手してから早3年、少しだけ大きくなりましたが、同時期に入手したピリフェラ錦や元祖氷砂糖などが5-6倍に増えたのに比べて、なんと成長の遅いことかと思います。同じハオルチアでも肉質の硬そうな種類は、概して成長が遅いみたいです。それに比べて、柔らかそうな品種はどんどん大きくなります。

 万象には葉先の模様(窓)によってめずらしい物や、きれいな模様の苗は大変高額で取引されるようです。雪が降ったような「雪国」、 稲妻模様の「稲妻」など、私にはとうてい入手できません。でもこの苗も結構きれいです。出始めの葉の先端は透明感があって魅力的です。

 この苗も今6cmくらい。ようやく一人前の大きさになったようで、花芽が見え始めました。花は他の苗と同じでしょうかね。ハオルチアは余り花を観賞する種類ではないでしょう。やっぱりそのみずみずしい緑の姿を楽しむ物でしょう。

グリーンエイト2015-0326blog

 こちらも入手後約3年。コンプト系交配種のグリーンエイトです。こちらはかなりの大型種のようで、今の大きさは12cmくらい。ちょっと突起をもったその葉は丸々として、結構迫力のある株になってきました。透明感のある濃い緑の肌はつやがあって綺麗です。交配種の中ではかなりの魅力を持った苗だと思います。

 数えてみればうちの温室にもハオルチアが増えました。温室内の棚は2段になっていて、上の棚にはサボテンを、下の棚には多肉や、サボテンの実生小苗をおいています。そんな棚下に置いて育てて、ハオルチアの品種は良くできます。普通、ハオルチア専門に育てられている方などは、寒冷紗をかなり重ねて、日差しを30-40%位まで抑えて育てられているようです。うちではそれを棚下の直射日光はほとんど当たらない、反射光主体の場所にして、ちょうど良いような環境のようです。ハオルチアは、もう種類を増やす余裕はあまりないですが、いらない苗を処分してでも増やしたくなる魅力を持っているようです。
   




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2015/04/02(木) 22:26:22|
  2. ハオルチア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クレマチスの花色 | ホーム | カミンギーも大きくなりました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ysc726.blog.fc2.com/tb.php/1062-746bef97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ysc726

Author:ysc726
サボテンとカメラを趣味とする男性です。
サボテンの魅力を引き出してサボテン愛好家を少しでも増やせるようなブログにしたいと思っています。
サボテン以外の写真も含まれるかもしれませんが。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
マミラリア (457)
牡丹類 (30)
ハオルチア (102)
私の経歴 (1)
兜丸類 (73)
プレゼント (2)
ギムノカリウム (67)
ランポウ類 (122)
エピテランサ (47)
エキノカクタス (124)
ベンケイソウ科 (7)
ロホホラ (37)
テロカクタス (38)
ネオポルテリア (7)
毛柱類 (5)
エケベリア (5)
ノトカクタス (18)
グルメ (2)
クリスマスローズ (1)
ソリシア (3)
フェロカクタス (40)
ジャズ (1)
野菜と花の栽培 (105)
水やり (1)
植え替え (1)
アストロフィツム (17)
エキノケレウス (11)
タケノコ (1)
接ぎ木・接ぎ下ろし (46)
サボテン写真集 (1)
実生・採種 (39)
クラインジア (17)
エキノプシス (9)
多肉植物 (20)
その他 (71)
コリファンタ (10)
旅行・行楽 (16)
肥料・栄養剤 (1)
ペレキフォラ (46)
ホマロケフェラ (5)
ロビオプシス (16)
アガベ (8)
ユーベルマニアナ (23)
ロビビア (8)
コノフィツム (2)
センペルビウム (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR