サボテンと写真

大好きなサボテンや花の写真を中心にしたブログです。

真夏のマミラリア その6 薫光殿

薫光殿2015-0821-1blog

 今日は、正確にはマミラリアではありませんが、その近縁種と言うことで、クラインジア属・薫光殿です。

 この苗は3年ほど前に入手しましたが、それから余り目立って大きくはなっていません。直径は9cmくらい。少し前までは成長が滞っているみたいでした。今年の春の開花時期には、2個程だけ花を咲かせましたが、一昨年よりは花数が少なめでした。今年はちょうど花の時期に、仕事で追われていて、撮影できませんでした。そんな成長不良だった苗が、最近ようやく少し新刺が出てきて、成長点から黄色の鈎刺と白い綿毛が吹き出してきたようになってきました。この刺と毛の出てきた様子は魅力的です。花もいいけど、刺だけでも充分鑑賞価値はあります。

 この薫光殿は、中刺が黄色のタイプ。赤刺なのを麗光殿と言います。また鈎刺がなくなった物を白光殿または、刺なし麗光殿などと呼ぶようです。姿形はマミラリアの高砂などと似ていますが、花が大きく見事なところが大きく違い、別属扱いされています。とはいえ、疣が突き出した姿はマミラリアと同じで、やっぱり近縁種です。性質も似ていて、突然腐ったりするところも似ています。

 前に刺なし麗光殿が一株ありましたが、去年急に腐りが出て枯れてしまいました。マミラリアの柔らかい肉質のサボテンと似た性質なのでしょう。油断をすると急に腐りが出てくることがあります。梅雨時から夏場まではかなり灌水を少なくした方が無難です。

薫光殿2015-0821-2blog

 この刺と毛、良いですね。中刺の赤い麗光殿も欲しいと思っているのですが、なかなか入手できません。取り扱いのしやすさでは中刺のないタイプもやっぱり欲しいです。前は腐らせてしまったけれど、もう一度だけ挑戦してみたい魅力ある品種です。
   




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2015/08/30(日) 21:49:07|
  2. クラインジア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<真夏のマミラリア その7 豊明丸とペレツデラロサエの実生苗 | ホーム | 真夏のマミラリア その5 希望丸>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ysc726.blog.fc2.com/tb.php/1185-5d206902
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ysc726

Author:ysc726
サボテンとカメラを趣味とする男性です。
サボテンの魅力を引き出してサボテン愛好家を少しでも増やせるようなブログにしたいと思っています。
サボテン以外の写真も含まれるかもしれませんが。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
マミラリア (458)
牡丹類 (30)
ハオルチア (108)
私の経歴 (1)
兜丸類 (73)
プレゼント (2)
ギムノカリウム (67)
ランポウ類 (123)
エピテランサ (47)
エキノカクタス (124)
ベンケイソウ科 (7)
ロホホラ (37)
テロカクタス (40)
ネオポルテリア (7)
毛柱類 (5)
エケベリア (5)
ノトカクタス (18)
グルメ (2)
クリスマスローズ (1)
ソリシア (3)
フェロカクタス (40)
ジャズ (1)
野菜と花の栽培 (111)
水やり (1)
植え替え (1)
アストロフィツム (17)
エキノケレウス (11)
タケノコ (1)
接ぎ木・接ぎ下ろし (46)
サボテン写真集 (1)
実生・採種 (41)
クラインジア (17)
エキノプシス (9)
多肉植物 (20)
その他 (71)
コリファンタ (10)
旅行・行楽 (16)
肥料・栄養剤 (1)
ペレキフォラ (46)
ホマロケフェラ (5)
ロビオプシス (17)
アガベ (8)
ユーベルマニアナ (23)
ロビビア (8)
コノフィツム (2)
センペルビウム (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR