サボテンと写真

大好きなサボテンや花の写真を中心にしたブログです。

緋牡丹錦の接ぎ木苗1

緋牡丹錦接ぎ木1-2016-0114blog

 一昨年、緋牡丹錦の自家採種の実生苗をキリンウチワなどにたくさん実生接ぎしました。そのうちの斑柄の良い物は以前に何回かご紹介しています。ご紹介していない分も結構ありますので、記録がてらに掲載したいと思います。

 緋牡丹錦の実生苗は、種が小さいため、発芽したときの苗の大きさも極めて小さいです。おそらく0.5mmくらいでしょう。普通は実生接ぎというと、発芽して半月前後の小さな苗を接ぐのですが、緋牡丹錦は発芽仕立ての時は小さすぎます。あまりに小さいとピンセットでもうまく挟めず、カットするときに思うように出来ません。そのため、緋牡丹錦は発芽後2-3ヶ月位経って、直径が1.5-2mm
位になってから実行しています。

 そんな小さな時には、斑入りかどうかはどうにか判別可能ですが、斑柄がどうなのか見分けが付きません。それで、接ぎ木が成功しても良い斑柄の苗ばかりが育つということはあり得ないのが実情です。今日ご紹介するのは、そういう斑柄が物足りない物も結構あります。しかし、全体的には良好な斑入り苗が生まれるのは確率的に結構低いのが実情です。その点をご理解ください。

 上の写真はかなり良い斑柄の個体です。赤、黄、緑が適度に散らばって、ほぼ全稜に斑が入っています。こういうのは貴重な存在です。うまく接ぎ下ろしが出来れば良いんですが。

緋牡丹錦接ぎ木2-2016-0114blog

 こちらはほぼ真っ赤です。夏場は黄色っぽくなって、冬になると赤くなります。わずかに下の方に緑の部分があります。自根では成長しないかもしれません。でもこれらこれできれいです。

緋牡丹錦接ぎ木4-2016-0114blog

 この苗は一度ご紹介したことがあります。2年前にワタムシ被害が出たときに、成長点付近がやられ、その後、回復して育ってきた苗です。途中で段が着いてその部分までは結構いい斑柄でした。その後成長してきた部分には斑がほとんどなくて、稜線部分にほんの少しあるだけです。でも下の方に出ている子には斑が入っています。斑の出方というのはかなり気まぐれなところがあります。急に斑ががなくなったり、また出てきたりで、気をもませます。成長点を止めて、子吹きさせるのもいいかもです。

緋牡丹錦接ぎ木5-2016-0114blog

 こちらは黒と赤がはっきり分かれた苗です。斑のない部分は全部斑なしで、斑のある部分は全斑の状態です。こういうのは斑柄的には余り良いとは言えません。こういうのは斑の部分の子をはずして別の台木に接いで様子を見るのが良さそうです。真っ赤なのはそれはそれで良い物です。黒赤のツートンカラーのもありますが。

 つづく。




 サボテンカレンダーがようやく仕上がってきました。カレンダーはA3サイズのフルカラー印刷で、表紙込みで13枚構成です。自費出版なので、制作費を捻出できればと思い、1部2000円プラス送料300円にてご希望のお方にお譲りさせていただこうと思います。ご希望のお方は下記宛メールにてお申し込みください。

 メールはこちらまで shige-y@mh1.117.ne.jp

 お申し込みいただいたお方には、順次発送させていただきます。到着までしばらくお待ちください。定形外郵便でお送りいたします。到着に時間がかかった場合はご容赦ください。

2016カレンダー2-2015-1211blog-s

   




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/01/19(火) 23:24:28|
  2. ギムノカリウム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<緋牡丹錦の接ぎ木苗2 | ホーム | コノフィツムなど種まきしたけれど・・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ysc726.blog.fc2.com/tb.php/1291-221b619e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ysc726

Author:ysc726
サボテンとカメラを趣味とする男性です。
サボテンの魅力を引き出してサボテン愛好家を少しでも増やせるようなブログにしたいと思っています。
サボテン以外の写真も含まれるかもしれませんが。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
マミラリア (458)
牡丹類 (30)
ハオルチア (108)
私の経歴 (1)
兜丸類 (73)
プレゼント (2)
ギムノカリウム (67)
ランポウ類 (123)
エピテランサ (47)
エキノカクタス (124)
ベンケイソウ科 (7)
ロホホラ (37)
テロカクタス (40)
ネオポルテリア (7)
毛柱類 (5)
エケベリア (5)
ノトカクタス (18)
グルメ (2)
クリスマスローズ (1)
ソリシア (3)
フェロカクタス (40)
ジャズ (1)
野菜と花の栽培 (111)
水やり (1)
植え替え (1)
アストロフィツム (17)
エキノケレウス (11)
タケノコ (1)
接ぎ木・接ぎ下ろし (46)
サボテン写真集 (1)
実生・採種 (41)
クラインジア (17)
エキノプシス (9)
多肉植物 (20)
その他 (71)
コリファンタ (10)
旅行・行楽 (16)
肥料・栄養剤 (1)
ペレキフォラ (46)
ホマロケフェラ (5)
ロビオプシス (17)
アガベ (8)
ユーベルマニアナ (23)
ロビビア (8)
コノフィツム (2)
センペルビウム (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR