サボテンと写真

大好きなサボテンや花の写真を中心にしたブログです。

ロビオプシスの苗に蕾が

ロビオプシス2-2016-0306blog

 少しずつ暖かくなって、ロビオプシスのサボテンたちにも蕾が出始めました。

 ロビオプシスというのはロビビア属の花サボテンと、短毛丸などのエキノプシスのサボテンを交配させて作られた園芸品種のことです。ロビビア属のサボテンは多花性で、ピンクや赤などの鮮やかな花をたくさん咲かせることで有名です。ただ、花のサイズは3-5cmくらいでそれほど大きくはありません。一方のエキノプシスはほとんどが白花で、花茎が長く大きな花を付けます。この両者を交配してより大きくてカラフルな花の苗を作ったのが、ロビオプシスというわけです。

 今日ご紹介する、2鉢はマニアの方がご自身で交配して作られた苗のようで、品種名は付いていませんでした。品種名があってもなくてもきれいな花であればいいと思います。上の苗は確か、ピンクの花だったと思います。うまく数輪一度の咲いてくれると見事でしょう。

ロビオプシス1-2016-0306blog

 こちらも同じ仲間で、同じく名前はありませんでした。先の苗が花盛丸に似た長めの刺だったのに対して、こちらは短毛丸と似た短めの刺です。どちらも背が高くなるのはロビビアの性質を受け継いでいるからでしょう。元々エキノプシスの短毛丸や花盛丸などは丸い球形の姿をしています。一方ロビビアのサボテンは背が高くなって円筒状の姿が一般的です。なので、このロビオプシスを丸く育てたいと思っても無理なようです。

 今、蕾を出してくるということは、冬の寒い間に花を咲かせる準備が出来てきているということでしょう。と言うことは、去年の秋頃からの管理が大切で、秋から冬にかけて上手に管理しないと、翌年の春の開花がうまくいかないということになりそうです。春になって花が咲かないからといって焦っても、どうにもならないということです。

 この苗、去年の秋に植え替えしたのですが、また根を鉢の上から出して根があふれるようになっています。また植え替えした方がいいようです。前も根を切らずに植え替えしましたが、やっぱり根は切らない方がよいように思えます。
   




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/03/19(土) 22:42:42|
  2. ロビオプシス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<兜丸を育てるのは難しい。 | ホーム | 紅鷹の実生小苗>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ysc726.blog.fc2.com/tb.php/1344-215ed769
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ysc726

Author:ysc726
サボテンとカメラを趣味とする男性です。
サボテンの魅力を引き出してサボテン愛好家を少しでも増やせるようなブログにしたいと思っています。
サボテン以外の写真も含まれるかもしれませんが。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
マミラリア (457)
牡丹類 (30)
ハオルチア (100)
私の経歴 (1)
兜丸類 (73)
プレゼント (2)
ギムノカリウム (65)
ランポウ類 (118)
エピテランサ (45)
エキノカクタス (119)
ベンケイソウ科 (7)
ロホホラ (37)
テロカクタス (38)
ネオポルテリア (7)
毛柱類 (5)
エケベリア (5)
ノトカクタス (17)
グルメ (2)
クリスマスローズ (1)
ソリシア (3)
フェロカクタス (40)
ジャズ (1)
野菜と花の栽培 (105)
水やり (1)
植え替え (1)
アストロフィツム (16)
エキノケレウス (11)
タケノコ (1)
接ぎ木・接ぎ下ろし (46)
サボテン写真集 (1)
実生・採種 (39)
クラインジア (17)
エキノプシス (8)
多肉植物 (20)
その他 (70)
コリファンタ (10)
旅行・行楽 (16)
肥料・栄養剤 (1)
ペレキフォラ (46)
ホマロケフェラ (5)
ロビオプシス (14)
アガベ (8)
ユーベルマニアナ (23)
ロビビア (7)
コノフィツム (2)
センペルビウム (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR