サボテンと写真

大好きなサボテンや花の写真を中心にしたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

また富士が枯れそうに・・・・

富士1-2016-0628blog

 今年もまた蒸し暑い梅雨時から、梅雨の合間の晴天。こんな時は暑さで調子が悪くなる多肉が出てきます。去年も、夏前にオロスタキスの斑入り種、富士が枯れそうになりました。今年も気をつけなければと思ってはいたのですが、先日の蒸し暑いときに異変を発見。急遽、温室内から戸外へ非難させました。

 上の写真は富士の胴切りした下の部分。子が4個ほど出ていて、大きくなるのを楽しみにしていました。それが気付いたときにはほとんど枯れたような状態に。さわってみるとぶよぶよです。出てきた子の方はもうだめのようです。本体の方は根が生きていれば再生の可能性はあるのでそのまま残しておくことにしました。

 このときの温室内の温度は日陰で36度くらい。やっぱりオロスタキスは高温に弱そうです。

富士2-2016-0628blog

 こちらは、先ほどの苗の切り取った上の部分。これも下葉が枯れてきています。でも何とか上の方は大丈夫そうです。もう少し気付くのが遅かったら、全部だめになったかもしれません。去年も地上部はほとんど枯れてしまったような状態でしたが、春に復活してきました。根が生きていれば再生してくれるかもしれません。元々この原種、イワレンゲは日本に自生していた品種と聞きます。冬は寒さで地上部が枯れても春になればまた芽を出すような植物なのかなと思います。

金星2016-0628blog

 こちらは今年入手したばかりの黄斑入りの金星。まだか弱い小苗なので心配しましたが、下葉が少し枯れただけで何とか無事でした。このまま来春まで我慢して育てられれば良いんですが。

中納言2016-0628blog

 ほかに、暑さに弱そうな、コノフィツム・中納言も一緒に非難させました。避難場所は母屋の北側の軒先です。ほとんど直射日光が当たらず、比較的涼しい場所です。この場所でも、外気温が35度になれば、結局は温室内と余り変わりなくなりそうですが、同じ時の温室内はそれよりも5-10度ほど高くなりますので、やっぱり外の方が安心です。うまくこの夏が乗り切れますように・・・・。
    




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/07/06(水) 22:59:22|
  2. ベンケイソウ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<スーパー兜の接ぎ下ろし苗 | ホーム | アエオニウム・夕映え>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/07/08(金) 15:47:40 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: 相互リンクのお願い

> サボテンと写真 様
>
> はじめまして。
> 京都、祇園の古美術店で「古美術やかた」です。
> 相互リンクのお願いでメール差し上げました。
>
>
> この度、幣店ホームページ「骨董品買取-古美術やかた」のリンク集に、「素敵な日々」を立ち上げました。
> 古美術を愛好されるお客さまは、古いものがお好きな方はもとより、
> ご自身のライフスタイルにこだわりを持って生活されているお客さまが多くいらっしゃいます。
> 「自分だけの一品にこだわるライフスタイル」・・・そのような観点から、
> 現在、幣店では、オリジナリティ溢れる素敵な“物”や、
> ご自身の素敵なライフスタイルを紹介されているブログを集め、お客様にご紹介いたしております。
>
>
> サボテンと写真 様のブログを、たいへん楽しく拝見させて頂きました。
> サボテンのお話や日々のあれこれなど、とても綺麗なお写真と共にたいへん興味深く拝見しながら、しばしさかのぼってゆっくり拝見させて頂きました。
> 是非、弊店のホームページとブログの方で、相互リンク頂ければと思い、メールを差し上げております。
>
>
> サボテンと写真 様のリンクは、当店のHP「リンク集」の中の「素敵な日々」で、下記のページ掲載させて頂く予定です。
>
> http://art-yakata.jp/category/links/beautiful_days/
>
>
> サボテンと写真 様のブログのリンクに下記サイト名でリンク頂ければ幸いです。
> バナーリンクでは無く下記の文字でお願い致します。
>
> -----------------------------------------------
> サイト名: 骨董品買取-古美術やかた  
>
>                                                                                         
> URL : http://art-yakata.jp/ 
> -----------------------------------------------
>
> 近年古いお家も無くなり、仕入れがあってのお仕事です。
> 少しでもと思い、骨董品買取専用のホームページですがよろしくお願い致します。
>
>
>
>
> 弊店は昭和56年(1981年)創業、
> 明治初期に建てられた町屋を改装した店舗で営業致しております。
> 京都、祇園、歴史的建造物保全地区にあたり、場所柄、四季折々には、
> 全国より多数のお客様に御来店頂いております。
>
> 平成15年4月に自社ホームページを立ち上げ、
> お陰さまで現在は1日平均約2000ページビューほどのアクセスがあります。
>
> また、これまで当店も、婦人画報、文藝春秋、等等、数々の雑誌で御紹介頂いており、
> 今後も、さらにコンテンツを充実させ、中身の濃い内容にしてゆきたいと思っています。
>
> 以上、唐突なお願いではございますが、ご検討いただければ幸いです。
> 御返信、お待ち致しております。
>
> お忙しい中、恐れ入りますが、ご協力宜しくお願いいたします。
> 京都にお越しの折には、是非お立ち寄り下さいませ。
> ご返信お待致しております、 宜しくお願いいたします。
>
>
>  古美術やかた 
>   舘 義孝<たちよしたか>
>
>   京都美術商協同組合会員・京都古書組合会員・鴨東古美術會会員
>    605-0088
>   京都市東山区大和大路通り新門前上ル西之町197番地    
>   TEL (075)-533-1956
>   FAX (075)-571-8648
>  MAIL:yakata-@mb.infoweb.ne.jp
>  URL:http://art-yakata.jp/

せっかくの相互リンクのお話ですが、私自身、骨董や古美術には全く興味がございません。
またリンクは出来るだけ少なくしておりますので、
こちらのリンクは差し控えさせていただきます。
ご容赦くださいませ。ysc726
  1. 2016/07/08(金) 22:44:37 |
  2. URL |
  3. ysc726 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ysc726.blog.fc2.com/tb.php/1436-a72e82fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ysc726

Author:ysc726
サボテンとカメラを趣味とする男性です。
サボテンの魅力を引き出してサボテン愛好家を少しでも増やせるようなブログにしたいと思っています。
サボテン以外の写真も含まれるかもしれませんが。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
マミラリア (458)
牡丹類 (30)
ハオルチア (108)
私の経歴 (1)
兜丸類 (73)
プレゼント (2)
ギムノカリウム (67)
ランポウ類 (123)
エピテランサ (47)
エキノカクタス (124)
ベンケイソウ科 (7)
ロホホラ (37)
テロカクタス (40)
ネオポルテリア (7)
毛柱類 (5)
エケベリア (5)
ノトカクタス (18)
グルメ (2)
クリスマスローズ (1)
ソリシア (3)
フェロカクタス (40)
ジャズ (1)
野菜と花の栽培 (111)
水やり (1)
植え替え (1)
アストロフィツム (17)
エキノケレウス (11)
タケノコ (1)
接ぎ木・接ぎ下ろし (46)
サボテン写真集 (1)
実生・採種 (41)
クラインジア (17)
エキノプシス (9)
多肉植物 (20)
その他 (71)
コリファンタ (10)
旅行・行楽 (16)
肥料・栄養剤 (1)
ペレキフォラ (46)
ホマロケフェラ (5)
ロビオプシス (17)
アガベ (8)
ユーベルマニアナ (23)
ロビビア (8)
コノフィツム (2)
センペルビウム (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。