サボテンと写真

大好きなサボテンや花の写真を中心にしたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋の味覚サツマイモの収穫

安納イモ2016-1016blog

 もう10月も半ば、そろそろサツマイモの収穫をしようと、昨日と今日とで植えていた全部のサツマイモを収穫しました。

 とりあえず孫達に芋掘り体験をさせてやろうと準備を。そのまま蔓を引っ張ってもなかなかうまく芋が付いてきてくれないので、あらかじめミツコ(3本の爪の付いた鍬)で土を掘り起こしてから孫達に引っ張らせてやりました。一つの蔓に3個も4個も芋が付いてくると見事で、喜んでくれてやりがいがあります。でも結構こちらは大変。ただ単純に芋掘りするだけの方が楽ではあります。でもこうやって子供や孫達が喜んでくれるからこそ作りがいもあるという物。まあ、楽しいひとときでした。

 結局3種類植えていたサツマイモは全部収穫しましたが、蔓の片付け、ミツコでかじいてから芋の収穫と、結構な重労働でした。

 上の写真は今年初めて植えた、安納芋です。他の芋よりも黄色っぽい外観です。事前に何個か掘って試食してみましたが、焼き上がりはオレンジ色をしています。すごくジューシーでしっとりした食感。一番下の孫が1歳くらいですが、その子の離乳食にも使えるわと娘が持って帰りました。おいしそうに食べたそうです。

 やっぱり安納芋は他のサツマイモとはちょっと違うようです。焼き芋がメインですが、このしっとり感は他にない魅力で、気に入りました。芋蔓は10本植えただけですが、5-6kgは取れたかと思います。これはラッキーでした。

紅あづま2016-1016blog

 こちらは紅あづま。まあ、これはごく一般的な品種。毎年、鳴門金時かこの紅あづまのどちらかを植えます。天ぷらにしたり、家内がスイートポテトを作ったりします。焼き芋でもおいしいですが、少しぱさぱさした感じで、やっぱり安納芋と比べるとちょっと見劣りします。まあ、いろんな物に使えるので来年の春頃までは保存も可能です。じっくり味わいます。

紅はるか2016-1016blog

 こちらは、安納芋の好敵手として植えた、紅はるかです。外観は紅あづまと余り変わりません。ネットで安納芋よりも甘くておいしいと書いていた人があったので、植えてみました。1個試食してみましたが、紅あづまとさほど変わらない感じで、もう一つしっとり感が物足りないようです。焼き方にももう少し工夫が必要なのかもしれません。焼き芋の場合、60-70度くらいの温度で1時間くらいかけて焼くと甘みが出ておいしいと聞きます。いつもはレンジとトースターで40-50分で焼いていますが。もう少し時間をかければおいしくなるかもしれません。今度再挑戦してみましょう。

サツマイモ傷2016-1016blog

 サツマイモを掘るときミツコでかじいていると、どうしても時々芋を傷つけてしまうことがあります。そのような傷の付いた芋をそのままにしておくと、傷口から雑菌が入って1週間もすると黒づんで苦い味になって食べられなくなります。そこで、そんな傷の付いた芋は、傷口をすぐに流水で洗って、土を取り除き、干しておくようにします。そうすれば数日は大丈夫です。でも余り日持ちはしませんので、こういう傷の付いた芋から消費していかないといけません。

 今回も結構たくさん傷ついた芋が出来てしまったのでしばらくは芋料理が続きそうな感じです。でもおいしいのでそれも良いかなと思います。何しろ今が旬です。色々芋料理を頂きましょう。
     




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2016/10/16(日) 22:30:44|
  2. 野菜と花の栽培
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<落花生の取り入れ | ホーム | きれいです。亀甲牡丹の花>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ysc726.blog.fc2.com/tb.php/1518-abc55df5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ysc726

Author:ysc726
サボテンとカメラを趣味とする男性です。
サボテンの魅力を引き出してサボテン愛好家を少しでも増やせるようなブログにしたいと思っています。
サボテン以外の写真も含まれるかもしれませんが。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
マミラリア (458)
牡丹類 (30)
ハオルチア (108)
私の経歴 (1)
兜丸類 (73)
プレゼント (2)
ギムノカリウム (67)
ランポウ類 (123)
エピテランサ (47)
エキノカクタス (124)
ベンケイソウ科 (7)
ロホホラ (37)
テロカクタス (40)
ネオポルテリア (7)
毛柱類 (5)
エケベリア (5)
ノトカクタス (18)
グルメ (2)
クリスマスローズ (1)
ソリシア (3)
フェロカクタス (40)
ジャズ (1)
野菜と花の栽培 (111)
水やり (1)
植え替え (1)
アストロフィツム (17)
エキノケレウス (11)
タケノコ (1)
接ぎ木・接ぎ下ろし (46)
サボテン写真集 (1)
実生・採種 (41)
クラインジア (17)
エキノプシス (9)
多肉植物 (20)
その他 (71)
コリファンタ (10)
旅行・行楽 (16)
肥料・栄養剤 (1)
ペレキフォラ (46)
ホマロケフェラ (5)
ロビオプシス (17)
アガベ (8)
ユーベルマニアナ (23)
ロビビア (8)
コノフィツム (2)
センペルビウム (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。