サボテンと写真

大好きなサボテンや花の写真を中心にしたブログです。

レツーサ錦の交配実生苗

レツーサ錦実生苗2017-0305blog
 
 何度かご報告していますが、去年初めてハオルチアを交配して種を取り、実生しました。片親がレツーサ錦、相手方が大型のレツーサとコンプトニアナです。片親だけが斑入りの場合は斑入り苗の出る確率はかなり低いです。今回の実生苗の中にも斑入りらしきのは今のところありません。

 この手前側の数の多いのがコンプトニアナとの交配、奥の白い仕切りから上が大型レツーサとの交配です。数は50以上はありそうですが斑入りらしきのはなし。確率が低いです。今年も交配をもくろんでいますが、今のところレツーサ錦の斑入り苗同志は開花時期が合いません。ほんの少しコンプト相手に交配しましたがこれは期待薄。やっぱり斑入り苗同志でやりたいところです。

 でもひとつ収穫はありました。それは実生の仕方です。サボテンでも、実生後鉢に苔が生えてきたり、菌が繁殖したりで途中でだめになる実生苗が多かったのですが、この鉢は陶器鉢で熱に強いため、水分を含ませてから、電子レンジで加熱消毒し、その後、チャック付きのポリ袋に入れて外から菌が侵入しないようにして育てました。それによって、夏を越しても苔や菌に冒されることなく約1年を迎え、順調に育っています。

 やっぱり、実生小苗は菌に冒されることが多いため、完全な外気との隔離が有効そうです。プラ鉢の場合は直接熱をかけられないので、こういう方法は難しいかもしれません。薬に頼るのもどうかと思いますので、陶器鉢(昔の駄温鉢と呼ばれるタイプ)はこういう使い道もあるのだと再認識しました。ちなみにこの鉢は40年以上前の物ですが、何の問題もなく使用できています。

 今年も斑入り苗の実生が出来るよう期待しているのですが・・・・。
    




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2017/03/14(火) 21:18:40|
  2. ハオルチア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エルナンデシーがこんなに・・・・。 | ホーム | ナピナに蕾が・・・・。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ysc726.blog.fc2.com/tb.php/1601-6ed3999f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ysc726

Author:ysc726
サボテンとカメラを趣味とする男性です。
サボテンの魅力を引き出してサボテン愛好家を少しでも増やせるようなブログにしたいと思っています。
サボテン以外の写真も含まれるかもしれませんが。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
マミラリア (458)
牡丹類 (30)
ハオルチア (108)
私の経歴 (1)
兜丸類 (73)
プレゼント (2)
ギムノカリウム (67)
ランポウ類 (123)
エピテランサ (47)
エキノカクタス (124)
ベンケイソウ科 (7)
ロホホラ (37)
テロカクタス (40)
ネオポルテリア (7)
毛柱類 (5)
エケベリア (5)
ノトカクタス (18)
グルメ (2)
クリスマスローズ (1)
ソリシア (3)
フェロカクタス (40)
ジャズ (1)
野菜と花の栽培 (111)
水やり (1)
植え替え (1)
アストロフィツム (17)
エキノケレウス (11)
タケノコ (1)
接ぎ木・接ぎ下ろし (46)
サボテン写真集 (1)
実生・採種 (41)
クラインジア (17)
エキノプシス (9)
多肉植物 (20)
その他 (71)
コリファンタ (10)
旅行・行楽 (16)
肥料・栄養剤 (1)
ペレキフォラ (46)
ホマロケフェラ (5)
ロビオプシス (17)
アガベ (8)
ユーベルマニアナ (23)
ロビビア (8)
コノフィツム (2)
センペルビウム (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR