サボテンと写真

大好きなサボテンや花の写真を中心にしたブログです。

簡単なサボテンの実生方法

 





先日サボテン種子プレゼントのお知らせをしましたところ多くのお方からご連絡を頂きました。
 募集の予定日がきましたので締め切りさせていただきました。
 抽選の上、当選者の方にメールを送らせて頂きました。
 種子は順次発送の予定です。しばらくお待ちください。

 今日はこれらのサボテン種子の簡単な実生方法を考えましたのでお知らせしたいと思います。

 通常私はサボテンの種子を蒔くのにはサーモスタット付きの加熱式育苗箱を使用しています。これを使用すると冬場の寒い時期でも実生することが出来ます。サボテン以外でもトマトやカボチャなどの実生の時にも使用でき今年も重宝しました。

 しかし、一般のお方にこの方法をお勧めするのはちょっと無理があります。
そこで、今回は出来るだけ簡単な方法でサボテンの実生を出来る方法を試しましたのでお知らせします。

 実生する容器は、植木鉢の代わりにプラスチックの密閉容器を使用します。
 私は進物用にに頂いたくず餅の空いた容器を使用しました。これはホームセンターなどに売られている蓋付きのプラスチックコップでも大丈夫です。

実生テスト1blog
 このような容器を使用します。

実生テスト2blog
 この容器にサボテン用の土を8分目くらいまで入れます。私は土を消毒しませんでしたが、清潔な土が手に入らない場合は、古い鍋などに土を入れて20分ほど蒸気で蒸すようにすると安心です。サボテンは発芽するときは肥料分は必要ありませんが、根を伸ばしてくると肥料分がある方が育ちが早いですので、私は肥料の入った土を使用しています。

実生テスト3blog
 その上に5mmほどの厚さに鹿沼土の極小粒を敷きます。これもホームセンターで売っています。種まきに使用するように消毒済みの製品があると思います。鹿沼土は通気性が良く水を良く吸い込みますので種まきに適します。粒の大きさは1-2mmくらいです。
 発芽するときは無肥料の鹿沼土の上で発芽し、根を伸ばしてくると肥料分のあるサボテン用土のところに達するという仕組みです。

実生テスト4blog
 これにじょうろなどで清潔な水をかけ、土を落ち着かせます。容器には底に穴が空いていませんので水は用にの中にたまります。入れすぎると水浸しのようになりますので全体に水が行き渡る程度にしてください。
 その上に種を蒔きます。
 種は通常の場合は消毒など必要ではないですが、自分で採種した種や清潔感のない種の場合はアルコールで消毒した方がよいこともあります。
 写真のように3-5mm間隔になるようにピンセットなどで種を並べ、品種を書いたラベルを付けておきます。
 少し霧吹きなどで種に水をかけておいた方がいいでしょう。
 そして蓋をして少し日の差す明るい日陰におきます。
 サボテンの発芽に最適な気温は25-35度くらいです。簡易温室などがあればそちらにおかれる方がいいでしょう。日中の温度が40-45度になる場合は蒸れて枯れることもありますので注意してください。
 サボテンが発芽するまでは種を乾かさないことが必要ですので蓋が必要になります。
 サボテンの種子は発芽まで5-10日必要です。一般の草花よりも発芽に要する日数は長いです。

実生テスト5blog
 そしてこれが種まきから1週間後の様子です。兜錦三角ヘキランを蒔いていますが、まだ生えそろっていません。兜錦には斑入り苗も発芽しているようです。
 まだ朝晩は温度が低いので容器ごと育苗箱の中に入れています。朝晩が熱帯夜になってくるとサボテンの実生にもっとも適した気温といえるでしょう。これから7月から9月頃までが時期的には最適です。出来れば早めに蒔いて寒くなるまでに出来るだけ大きくしておくのが早く成長させるためのこつかと思います。

 プラスチック容器は紫外線でもろくなることがありますのでそのような場合は別の植木鉢などに植え替えてください。発芽が終われば容器の蓋は少しずつ開けていき、2-3ヶ月後には取り去るのがいいでしょう。
 もし容器の中にカビやこけ、苗の腐りなどが発生した場合は出来るだけ早く植え替えてください。
 プラスチック容器は密閉式なので水をやる必要はありませんが、使い捨てなので長く使用せず早めに植え替えてやる方がいいでしょう。
 耐久性がどのくらいあるかはその材質や置く環境によって異なりますので様子を見ながら世話をしてください。

 以上、こんな方法で実生が可能ですので多くのお方の挑戦を期待いたします。



多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・。
  1. 2012/06/30(土) 22:24:22|
  2. 実生・採種
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3
<<ペレツデラロサエの成長 | ホーム | 豊明丸の成長過程>>

コメント

参考になりました

はじめまして。
サボテンや多肉が大好きなものです。
去年、翠冠玉とランポー玉の種を播きましたが、思うように成長できませんでした。
今年も種を購入して、どのように播こうか悩んでました。
記事がとても参考になりました。
このようにしてみたいと思います。
また訪問します。ありがとうございました。
  1. 2012/07/16(月) 15:42:41 |
  2. URL |
  3. プーちゃんのお母さん #-
  4. [ 編集 ]

最初の初めて

廃棄予定の土に投げ安売りの蕾らしき付きを購入で初めての開花を見て実生と採種を経験で発芽なんて事に驚きで成果に責任を感じる初心者‼が、驚きは俗に言うが当てに成らない指南書?総ては経験が全てで其れ以上に其れ以下は無い経験値で失敗もOK
  1. 2013/10/07(月) 21:59:48 |
  2. URL |
  3. KOYO #z/45iYf6
  4. [ 編集 ]

最初の初めて

廃棄予定の土に投げ安売りの蕾らしき付きを購入で初めての開花を見て実生と採種を経験で発芽なんて事に驚きで成果に責任を感じる初心者‼が、驚きは俗に言うが当てに成らない指南書?総ては経験が全てで其れ以上に其れ以下は無い経験値で失敗もOK7547

  1. 2013/10/07(月) 22:05:30 |
  2. URL |
  3. KOYO #z/45iYf6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ysc726.blog.fc2.com/tb.php/163-58e3ccc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【簡単なサボテンの実生方法】

 先日サボテン種子プレゼントのお知らせをしましたところ多くのお方からご連絡を頂きました。 募集の予定日がきましたので締め切りさせていただきました。 抽選の上、当選者の方...
  1. 2012/07/01(日) 08:02:03 |
  2. まとめwoネタ速neo

プロフィール

ysc726

Author:ysc726
サボテンとカメラを趣味とする男性です。
サボテンの魅力を引き出してサボテン愛好家を少しでも増やせるようなブログにしたいと思っています。
サボテン以外の写真も含まれるかもしれませんが。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
マミラリア (458)
牡丹類 (30)
ハオルチア (108)
私の経歴 (1)
兜丸類 (73)
プレゼント (2)
ギムノカリウム (67)
ランポウ類 (123)
エピテランサ (47)
エキノカクタス (124)
ベンケイソウ科 (7)
ロホホラ (37)
テロカクタス (40)
ネオポルテリア (7)
毛柱類 (5)
エケベリア (5)
ノトカクタス (18)
グルメ (2)
クリスマスローズ (1)
ソリシア (3)
フェロカクタス (40)
ジャズ (1)
野菜と花の栽培 (111)
水やり (1)
植え替え (1)
アストロフィツム (17)
エキノケレウス (11)
タケノコ (1)
接ぎ木・接ぎ下ろし (46)
サボテン写真集 (1)
実生・採種 (41)
クラインジア (17)
エキノプシス (9)
多肉植物 (20)
その他 (71)
コリファンタ (10)
旅行・行楽 (16)
肥料・栄養剤 (1)
ペレキフォラ (46)
ホマロケフェラ (5)
ロビオプシス (17)
アガベ (8)
ユーベルマニアナ (23)
ロビビア (8)
コノフィツム (2)
センペルビウム (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR