サボテンと写真

大好きなサボテンや花の写真を中心にしたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4本の緋牡丹錦たち

 





緋牡丹錦1-2012-1112blog
 秋が深まって、気温が下がってくると斑入り苗が赤味を帯びてくるようです。
 黄色の斑入り苗も少しオレンジか赤味を帯びてくるものが多く、元々赤い斑入り苗はより鮮やかに成るみたいです。

 うちの温室には4本の緋牡丹錦があります。それぞれ少しずつ赤くなって綺麗になってきました。

 上の写真は一番赤味の強い苗で今までも何度かご紹介しています。赤い色が鮮やかでいいのですが、斑の面積が広いためか成長が遅く、花も咲きません。やっぱりある程度緑の部分がないと成長しにくいみたいです。
この苗の子孫を増やせればいいのですが今のところそれは実現できていません。来年はどうかな。

緋牡丹錦2-2012-1112blog
 この苗も赤いところはいい色をしています。これは成長もそこそこいいみたいです。今年は他の苗と交配して種親として子孫を残してくれました。まだその実生苗の方は2mm前後で斑の状態まではわかりません。しかし、いくらかは斑入りも出ているみたいですので来年になるとその状態もわかってくるでしょう。期待しています。

緋牡丹錦3-2012-1112blog
 この苗はまだ果実を付けたままです。夏に勝手に受精して実が出来ました。交配していないので自家受精ということでしょう。果実も小さいのでほとんど種は出来ていないのかもしれません。自然に取れるまで置いておこうと思います。緋牡丹錦の種は非常に小さいのでほんの少しでも取れれば結構数はあるでしょう。種が取れればラッキーというくらいの感覚です。
 この苗は斑のない部分の色がかなり黒っぽいです。この原種である牡丹玉には肌色が緑の物と黒っぽいのがあるようです。その肌色の違いが斑入り部分の色との対比でいろんな斑柄が出来ます。緑の肌色の物と黒っぽい肌色の苗とでは同じ斑柄でも全く雰囲気の違う苗になります。その辺が緋牡丹錦のおもしろさでしょう。

緋牡丹錦4-2012-1112blog
 この苗は赤味は少ないですが黄色の斑と赤い斑、緑の部分が混ざってそれなりに綺麗になってきました。赤い斑もいいですが黄色の斑が混ざるのもまた風情があります。 
 今年はこの苗を種親として1個果実を収穫して種が取れました。小さな種なので1個の果実で種の数は数百個取れたのではないかと思います。今まで2回実生して50個くらいずつ蒔きましたがまだいっぱい残っています。来年のこりを蒔こうと思いますが、これら全てが発芽して大きくなると置き場所もなくなります。いい斑入り苗だけを残して処分する方がいいんでしょうが、かわいい苗を処分するのは気が引けます。まだかなり先のことなのにどうしようか悩んでいます。
 

多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・。
  1. 2012/11/16(金) 21:05:00|
  2. ギムノカリウム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<九州の紅葉名所巡り | ホーム | マミラリアの季節 その3>>

コメント

わかります。。。

頑張って育っていく実生苗を毎日観察していると
処分なんてとても考えられませんよね。。。わかります^^

近所のバザーやフリマで出品したり、ポットに植えて妻のママ友などに無理矢理押し付けてサボ人口を増やそうかと企んでいます。

緋牡丹錦の色の変化や色彩の多さは他のサボテンにはない魅力ですよね!それほど多くの日照を必要としない点も初心者向きだと感じてます。

栽培者人口を増やさねば。。。(笑)
  1. 2012/11/17(土) 09:43:54 |
  2. URL |
  3. ryu #2TS3CODM
  4. [ 編集 ]

そのお悩みがうらやましいです

一枚目の斑柄でも正木で育つとは驚きです。
最後のは赤斑と黄斑を交配すると、三色になるということでしょうか。二枚目の個体が素晴らしいです。

根が育ってないと徒長しやすいと以前教わったことが、この一年の成果の中で、何かいろいろ腑に落ちる部分があります。エケベリアやセダムなども含めてですが。振り返ってみると、なるほど~と思います。

ところでペレツデラロサエって、目で記憶しにくいので生育具合をはかるのが難しいですね。
棘の透明度が増してほんとにきれいです。
  1. 2012/11/18(日) 08:34:43 |
  2. URL |
  3. ぱと #-
  4. [ 編集 ]

Re: わかります。。。

> 頑張って育っていく実生苗を毎日観察していると
> 処分なんてとても考えられませんよね。。。わかります^^
> 近所のバザーやフリマで出品したり、ポットに植えて妻のママ友などに無理矢理押し付けてサボ人口を増やそうかと企んでいます。
> 緋牡丹錦の色の変化や色彩の多さは他のサボテンにはない魅力ですよね!それほど多くの日照を必要としない点も初心者向きだと感じてます。
> 栽培者人口を増やさねば。。。(笑)
そうですね。サボテン人口は減り気味とか。何とかしないとと思います。私のように昔やっていた人の再開とかもたまに居られるように聞きます。またプレゼントでもしましょうか。来年の春には・・・そんなことも考えています。ysc726
  1. 2012/11/18(日) 23:46:45 |
  2. URL |
  3. ysc726 #-
  4. [ 編集 ]

Re: そのお悩みがうらやましいです

> 一枚目の斑柄でも正木で育つとは驚きです。
> 最後のは赤斑と黄斑を交配すると、三色になるということでしょうか。二枚目の個体が素晴らしいです。
> 根が育ってないと徒長しやすいと以前教わったことが、この一年の成果の中で、何かいろいろ腑に落ちる部分があります。エケベリアやセダムなども含めてですが。振り返ってみると、なるほど~と思います。
> ところでペレツデラロサエって、目で記憶しにくいので生育具合をはかるのが難しいですね。
> 棘の透明度が増してほんとにきれいです。
 私が載せている緋牡丹錦の苗は自分の実生ではありません。やっぱり自分自身で実生して育てた苗の方が愛着があります。もう2年ほどすれば今年実生した緋牡丹錦が大きくなって鑑賞できるようになるでしょう。それが待ち遠しいです。ysc726
  1. 2012/11/18(日) 23:52:17 |
  2. URL |
  3. ysc726 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ysc726.blog.fc2.com/tb.php/289-9514a56e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ysc726

Author:ysc726
サボテンとカメラを趣味とする男性です。
サボテンの魅力を引き出してサボテン愛好家を少しでも増やせるようなブログにしたいと思っています。
サボテン以外の写真も含まれるかもしれませんが。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
マミラリア (458)
牡丹類 (30)
ハオルチア (108)
私の経歴 (1)
兜丸類 (73)
プレゼント (2)
ギムノカリウム (67)
ランポウ類 (123)
エピテランサ (47)
エキノカクタス (124)
ベンケイソウ科 (7)
ロホホラ (37)
テロカクタス (40)
ネオポルテリア (7)
毛柱類 (5)
エケベリア (5)
ノトカクタス (18)
グルメ (2)
クリスマスローズ (1)
ソリシア (3)
フェロカクタス (40)
ジャズ (1)
野菜と花の栽培 (111)
水やり (1)
植え替え (1)
アストロフィツム (17)
エキノケレウス (11)
タケノコ (1)
接ぎ木・接ぎ下ろし (46)
サボテン写真集 (1)
実生・採種 (41)
クラインジア (17)
エキノプシス (9)
多肉植物 (20)
その他 (71)
コリファンタ (10)
旅行・行楽 (16)
肥料・栄養剤 (1)
ペレキフォラ (46)
ホマロケフェラ (5)
ロビオプシス (17)
アガベ (8)
ユーベルマニアナ (23)
ロビビア (8)
コノフィツム (2)
センペルビウム (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。