サボテンと写真

大好きなサボテンや花の写真を中心にしたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヘキラン錦に腐りが・・・

ヘキラン錦腐れ0-2013-0608blog

 今年の春に接ぎ下ろしをしたヘキラン錦です。

 かなり大きくなっていて、直径12cmくらいあります。根付いているはずなのになかなか成長してこないなーと思ってよく見ると、下の方が腐ってきているようです。ヘキラン錦腐れ1-2013-0608blog

 上の方は何ともなさそうでしたが鉢の土面部分が側面から腐ってきています。

 元々は接ぎ木だった物を春に接ぎ下ろしをして、根の出始めたのを確認して植えたはずだったのですが、どうして腐ってきたのかよくわかりません。元々、茶色い古傷はありましたが、その傷そのものは止まっているように見えました。

 抜いて調べてみると、もう下半分はほとんどだめなようです。

ヘキラン錦腐れ2-2013-0608blog
 
 結局、茶色い腐りの部分を除去していくと半分くらいがなくなってしまいました。それでも少し赤い部分が残っています。

 それにこの上の方は斑入り部分が多く、葉緑素のある緑の部分がほんの少ししかありません。切り取った断面もほとんどが黄色で、緑の部分は所々にほんの少しある程度でした。

 これはこの状態で挿し木しても育つ確率はかなり低そうです。

 もったいないことをしました。せっかくここまで大きくなっていたのに、ここで腐りが発生するとは。

 やっぱり斑入り物は育てるのがかなり難しいです。元気に育っていたのが突然腐ってきたりして、一昨年の実生苗の斑入りにもそんなのがちょくちょく出ています。やっぱり根が弱いからでしょうか。

 斑入り苗を元気よく育てるには、緑の部分の比較的多い苗を選ぶ方が賢明そうです。葉緑素の少ない苗はどうしても腐りやすいようです。斑の部分が多い苗はやっぱり接ぎ木する方が無難です。

 兜錦の斑入り苗をいくつか接ぎ木してみようかな。






多肉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ご訪問の印に”ピッ”と・・・
  1. 2013/06/16(日) 21:56:07|
  2. ランポウ類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オロスタキス 鳳凰 | ホーム | 2013年6月12日の野菜苗の様子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ysc726.blog.fc2.com/tb.php/486-a088dccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ysc726

Author:ysc726
サボテンとカメラを趣味とする男性です。
サボテンの魅力を引き出してサボテン愛好家を少しでも増やせるようなブログにしたいと思っています。
サボテン以外の写真も含まれるかもしれませんが。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
マミラリア (458)
牡丹類 (30)
ハオルチア (108)
私の経歴 (1)
兜丸類 (73)
プレゼント (2)
ギムノカリウム (67)
ランポウ類 (123)
エピテランサ (47)
エキノカクタス (124)
ベンケイソウ科 (7)
ロホホラ (37)
テロカクタス (40)
ネオポルテリア (7)
毛柱類 (5)
エケベリア (5)
ノトカクタス (18)
グルメ (2)
クリスマスローズ (1)
ソリシア (3)
フェロカクタス (40)
ジャズ (1)
野菜と花の栽培 (111)
水やり (1)
植え替え (1)
アストロフィツム (17)
エキノケレウス (11)
タケノコ (1)
接ぎ木・接ぎ下ろし (46)
サボテン写真集 (1)
実生・採種 (41)
クラインジア (17)
エキノプシス (9)
多肉植物 (20)
その他 (71)
コリファンタ (10)
旅行・行楽 (16)
肥料・栄養剤 (1)
ペレキフォラ (46)
ホマロケフェラ (5)
ロビオプシス (17)
アガベ (8)
ユーベルマニアナ (23)
ロビビア (8)
コノフィツム (2)
センペルビウム (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。