サボテンと写真

大好きなサボテンや花の写真を中心にしたブログです。

一番花が咲きました。






亀甲ヘキラン第一開花blog
 有星類の今年第一番の花が咲きました。
 2月15日にご紹介した亀甲ヘキランがもう花を咲かせました。早いです。この冬に温室の電気温風機の下に置いていましたらみるみる大きくなって少し目を離している内に花を咲かせていました。2月15日の写真ではまだ蕾が少しで始めていた状態でしたが1ヶ月足らずで花を咲かせました。隣のスーパー兜も少し大きくなったようですがこちらはまだ蕾も小さなままです。
 これも温風機の効果でしょう。電気温風機は寒くなると自動的にスイッチが入りその下側は温室内の他の部分より5-8度くらい高くなるようです。この冬の寒い時期にも7-10度位を維持していたと思います。他の場所のサボテンはようやく少し成長を始めたかなという状態ですがこの亀甲ヘキランは2月くらいから猛然と成長を始め、今の寸法は10cm強にまで大きくなっています。成長の具合も目を見張るほどです。
 この苗は袖ヶ浦の接ぎ木ですが、袖ヶ浦という台木は温度さえ十分なら冬でも成長するように思います。おそらく10度以上の温度であれば成長するように感じます。
 それに対して竜神木は少し寒くなると成長を止め、台木自身もさせ細ってくることが多いようです。0度以下にならなければ枯れることはないですが、寒さでかなり消耗するようで、穂の方もシワがよったり作落ちしたりすると感じています。春になっても成長し始めるのが遅く、結局春から秋におかけての成長期が短くなると思えます。私のところの竜神木接ぎ下ろしの太平丸や、マミラリアのテレサエなどがありますが、いずれも冬はかなり縮んでなかなか回復しません。
 これらの点から私は台木に竜神木をできるだけ使用しない様にしています。購入した苗が元々竜神木接ぎの場合はしかたないですが、私の温室内では袖ヶ浦の方がずっと良い結果が得られています。
 冬場に温度を高くして成長させることが良いことかどうかははっきりしませんが、温度はある程度高い方が育てやすいのには違いないでしょう。たとえば九州地方でサボテンを育てるのと東北地方でサボテンを育てるのでは冬場の温度は10度以上違ってくるでしょう。どちらがサボテンにとって住み心地がよいかは歴然としています。寒冷地向きのサボテンも中にはあるでしょうが、やはりある程度温度は上げて成長期を長くとれる方が優位です。
 私も来年は温風機をもっと大型に変えて平均温度を今より+5度くらい高めにしてやってみようと思います。果たしてどのような結果になるか来年が楽しみです。
 とはいえ、とりあえずはこれからのサボテンの世話に精を出さなくては。
 ここのところの天気が良くないときが多くて植え替えが遅れています。今日も太平丸類を植え替えしましたがまだたくさん残っています。
 皆さんは天気の悪いときの植え替えはどうされていますか。天気の悪いときに根を切ると腐りやすいように思いますがいかがですか。私は天気の良いときにだけ植え替えをしていますのでなかなかはかどりません。天気の良い日が続きますように。
 
にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

多肉植物 ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
記事・写真がお気にめしましたら拍手を・・・。
  1. 2012/03/12(月) 22:25:09|
  2. ランポウ類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<マミラリア・紫光丸 | ホーム | 夜のサボテン写真撮影>>

コメント

ysc726さん こんばんは cometです。

我が家には屋根のあるガレージなどがないので、雨の日はできませんが、雨さえ降っていなければ、いつでも植え替えています。ただし私の場合、根を丸坊主にしたり、大根でも3~5cm程度しか残しませんので、たいていは一週間以上は乾燥させます。また5mm以上の太さの根を切った場合などは、無水エタノールを85%程度に精製水で薄めたエタノールで消毒し乾燥させています。雨が続いたりすると、セラミックファンヒーターから2mほど離して株を並べて乾燥させます。そして天気の良い日に植え込んでいます。
サボテン栽培を初めて4月で丸5年、現在はサボテン、多肉合わせて200株170鉢ほど栽培していますが、根腐れは一度もありません。
余談ですが、胴切りや接ぎおろしの芯えぐりなどはこの消毒後、さらにダイセン、ダコニールなどで殺菌していましたが、最近はベニカXだけの場合も多いです。ベンレートは高温で薬害が出やすいですし、また胴切りや接ぎおろしの切断面に使う場合、立ち枯れが出やすいと聞きました
  1. 2012/03/13(火) 20:50:17 |
  2. URL |
  3. comet #D.fOQoIg
  4. [ 編集 ]

植え替えについて

> ysc726さん こんばんは cometです。
>
> 我が家には屋根のあるガレージなどがないので、雨の日はできませんが、雨さえ降っていなければ、いつでも植え替えています。ただし私の場合、根を丸坊主にしたり、大根でも3~5cm程度しか残しませんので、たいていは一週間以上は乾燥させます。また5mm以上の太さの根を切った場合などは、無水エタノールを85%程度に精製水で薄めたエタノールで消毒し乾燥させています。雨が続いたりすると、セラミックファンヒーターから2mほど離して株を並べて乾燥させます。そして天気の良い日に植え込んでいます。
> サボテン栽培を初めて4月で丸5年、現在はサボテン、多肉合わせて200株170鉢ほど栽培していますが、根腐れは一度もありません。
> 余談ですが、胴切りや接ぎおろしの芯えぐりなどはこの消毒後、さらにダイセン、ダコニールなどで殺菌していましたが、最近はベニカXだけの場合も多いです。ベンレートは高温で薬害が出やすいですし、また胴切りや接ぎおろしの切断面に使う場合、立ち枯れが出やすいと聞きました

komet様
貴重なご意見ありがとうございます。要するに切り口をどれだけうまく乾かすかということになるのですね。私の温室にはセラミックヒーターなどがありませんので何か別の方法で乾かすことを考えます。私は時々根腐れを起こしてしまうことがあります。やっぱりその辺が曖昧だったのでしょうね。どうもありがとうございました。  ysc726
  1. 2012/03/13(火) 21:12:32 |
  2. URL |
  3. ysc726 #-
  4. [ 編集 ]

ysc726さん、こんばんは。
いつも美しい写真を堪能させていただいています。

北陸の加賀の地は、このところ冬に逆戻りの様相です。積もりはしませんが雪がぱらつき、先週から始めた植え替えも小休止。それでも、動き出しているサボたちもあって気が急くばかりです(w)。

家ではフレームに電熱マットを敷いて、サーモスタットで鉢中5℃を下回らないようにしています。
そういう条件なので蕾の様子からも、兜たちの初開花は4月に入ってからになるようです。
同条件下にある紅葉碧鸞がまったく紅葉しません。暖かすぎるのかな?
  1. 2012/03/13(火) 22:54:20 |
  2. URL |
  3. アイハル #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

紅葉ランポー

> ysc726さん、こんばんは。
> いつも美しい写真を堪能させていただいています。
>
> 北陸の加賀の地は、このところ冬に逆戻りの様相です。積もりはしませんが雪がぱらつき、先週から始めた植え替えも小休止。それでも、動き出しているサボたちもあって気が急くばかりです(w)。
>
> 家ではフレームに電熱マットを敷いて、サーモスタットで鉢中5℃を下回らないようにしています。
> そういう条件なので蕾の様子からも、兜たちの初開花は4月に入ってからになるようです。
> 同条件下にある紅葉碧鸞がまったく紅葉しません。暖かすぎるのかな?

アイハル様
コメントありがとうございます。紅葉ランポーは私も経験が少ないので詳しくはわかりませんが、ある程度温度が低くならないと紅葉しないのかもしれません。私のところの温風機の下の紅葉ランポウは全くの緑になってしまいました。来年は少し温度の低めのところにおいてやってみようと思います。種類によって最適な温度は違いそうですね。ysc726
  1. 2012/03/13(火) 23:05:24 |
  2. URL |
  3. ysc726 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ysc726.blog.fc2.com/tb.php/50-41a6601a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ysc726

Author:ysc726
サボテンとカメラを趣味とする男性です。
サボテンの魅力を引き出してサボテン愛好家を少しでも増やせるようなブログにしたいと思っています。
サボテン以外の写真も含まれるかもしれませんが。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
マミラリア (458)
牡丹類 (30)
ハオルチア (108)
私の経歴 (1)
兜丸類 (73)
プレゼント (2)
ギムノカリウム (67)
ランポウ類 (123)
エピテランサ (47)
エキノカクタス (124)
ベンケイソウ科 (7)
ロホホラ (37)
テロカクタス (40)
ネオポルテリア (7)
毛柱類 (5)
エケベリア (5)
ノトカクタス (18)
グルメ (2)
クリスマスローズ (1)
ソリシア (3)
フェロカクタス (40)
ジャズ (1)
野菜と花の栽培 (111)
水やり (1)
植え替え (1)
アストロフィツム (17)
エキノケレウス (11)
タケノコ (1)
接ぎ木・接ぎ下ろし (46)
サボテン写真集 (1)
実生・採種 (41)
クラインジア (17)
エキノプシス (9)
多肉植物 (20)
その他 (71)
コリファンタ (10)
旅行・行楽 (16)
肥料・栄養剤 (1)
ペレキフォラ (46)
ホマロケフェラ (5)
ロビオプシス (17)
アガベ (8)
ユーベルマニアナ (23)
ロビビア (8)
コノフィツム (2)
センペルビウム (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR