サボテンと写真

大好きなサボテンや花の写真を中心にしたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

白星の羽毛

白星実生苗2014-1213blog

 今日は新しいカメラPENTAX K3の写りを確認するためにマミラリア・白星の実生小苗の羽毛を撮影してみました。

 この苗は11月23日に載せました自家実生の白星小苗です。大きさはまだ1.5cmくらい、羽毛を含めても2cmくらいの小さな苗です。かなりのアップで土の部分の赤玉土がかなり大きな固まりに見えますが実際には3mmくらいの大きさです。

 これくらいのアップはほとんど等倍撮影に近く、普通のレンズでは難しく、ズームレンズでないと撮れないでしょう。今回も使用したレンズはシグマのマクロで50mmF2.8です。このレンズは比較的安価ですが結構よく撮れます。

 私はTAMLONの90mmマクロも持っていますが、サボテン撮影にはほとんど使用していません。なぜなら、焦点距離が長いため、被写体(サボテン)との距離が長くなり、狭い温室内では場所がなく、うまく撮れないためです。

 写りは少しTAMLO 90mmの方が優れているようにもお思いますが、倍率が大きいのもあり、カメラブレが起こりやすいのもその理由のひとつです。マクロで等倍撮影に近い状態でシャッターを切ると、ほんの少しのカメラブレが大きく現れます。焦点距離が長いとほんの少しのカメラブレが大きく現れます。手ぶれ防止が付いていてもなかなか収まらないレベルです。

 この白星の羽毛、よく見ると少し茶色っぽい色をしています。遠目から見ると真っ白に見えますが拡大してみるとよくわかります。白星の毛は水鳥の羽毛、羽?のように細かく枝分かれした毛が密集しています。これならさわっても全く痛くありません。いつまで経ってもサボテンの刺の痛さには困らされます。特にキリンウチワの刺には閉口してしまいます。キリンウチワの刺がこんなだったらどんなに接ぎ木しやすいことでしょう。そんなことを思ってしまいます。

   




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2014/12/23(火) 22:26:56|
  2. マミラリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<緋牡丹錦の色変わり | ホーム | 明星の果実と花>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ysc726.blog.fc2.com/tb.php/976-6961b649
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ysc726

Author:ysc726
サボテンとカメラを趣味とする男性です。
サボテンの魅力を引き出してサボテン愛好家を少しでも増やせるようなブログにしたいと思っています。
サボテン以外の写真も含まれるかもしれませんが。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
マミラリア (458)
牡丹類 (30)
ハオルチア (108)
私の経歴 (1)
兜丸類 (73)
プレゼント (2)
ギムノカリウム (67)
ランポウ類 (123)
エピテランサ (47)
エキノカクタス (124)
ベンケイソウ科 (7)
ロホホラ (37)
テロカクタス (40)
ネオポルテリア (7)
毛柱類 (5)
エケベリア (5)
ノトカクタス (18)
グルメ (2)
クリスマスローズ (1)
ソリシア (3)
フェロカクタス (40)
ジャズ (1)
野菜と花の栽培 (111)
水やり (1)
植え替え (1)
アストロフィツム (17)
エキノケレウス (11)
タケノコ (1)
接ぎ木・接ぎ下ろし (46)
サボテン写真集 (1)
実生・採種 (41)
クラインジア (17)
エキノプシス (9)
多肉植物 (20)
その他 (71)
コリファンタ (10)
旅行・行楽 (16)
肥料・栄養剤 (1)
ペレキフォラ (46)
ホマロケフェラ (5)
ロビオプシス (17)
アガベ (8)
ユーベルマニアナ (23)
ロビビア (8)
コノフィツム (2)
センペルビウム (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。