サボテンと写真

大好きなサボテンや花の写真を中心にしたブログです。

マリンが二株

マリン1-2017-0409blog

 去年から今年にかけて、ハオルチア・オブツーサ・マリンを2株入手しました。将来、オブツーサとの交配で、斑入り苗を作りたいと思って入手した物です。

 このマリン、一応オブツーサ系の斑入り種として扱われていますが、何かの交配種と思われます。私の調べたところでは正確な情報は得られませんでしたが、おそらくオブツーサと宝草錦との交配のように思えます。葉の形が普通のオブツーサよりも横に広く、葉が幅広で、横に広がります。オブツーサはもっと葉が丸くてこんもり盛り上がるような形です。

 上の写真と下の写真は全く別ルートからの入手ですが、葉の形はほとんど同じ。どちらも6cmくらいですがまだ花を咲かせる気配はありません。宝草錦との交配とすれば、少し大型種かもしれません。花はもっと大きくならないと無理そうです。花が咲けばオブツーサと交配して種が取れそうです。このマリンとオブツーサを交配すればよりオブツーサに近い形の苗が得られそうです。ただ、斑入り苗が生まれる確率はかなり低そうですが。

マリン2-2017-0409blog

 今、普通のオブツーサはちょうど開花期で盛んに花茎を伸ばしています。来年の今頃、これらのマリンに花茎が出てオブツーサと交配出来ますよう、大事に育てないといけないなーなんて思っています。おそらく暑い夏が越せさえすればいけそうに思うのですが・・・・・。
    




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2017/04/17(月) 21:13:59|
  2. ハオルチア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

枯れてしまった豊明丸

豊明丸枯れ2017-0403blog

 マミラリア・豊明丸の群生苗が枯れてしまいました。

 かれこれ2年ほど植え替えしていなくて、どうも今年は花が咲かないなーと思っていたら、中央の主頭から枯れてきました。どうもその原因はいまだにはっきりしません。マミラリアの軟質系の苗はこういう事がちょくちょくあります。植え替えてから1年ほどは元気していました。それが成長が止まってきたのは去年の夏過ぎくらいからでしょうか。普通なら花が年明けから咲き出すところが咲く気配もなく、私がちょっと体調が優れないで世話を十分出来ていなかったのもあります。早めに気がつけば、腐っているところだけを取り除けばそこから回復したかもしれませんが、もう手遅れです。

 それにしてもマミラリアの苗が腐る原因がいまだによくわかりません。何とか原因を究明したいのですが・・・・・。

 まあ、豊明丸は自家実生の苗が大きくなってきていることもあり、そちらを後継種にしましょう。元々成長も早いので、すぐに立派な群生株を作ることも出来るでしょう。自分自身で実生した苗には、愛着があります。今度は腐らせないようにしなくちゃ。
    




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2017/04/15(土) 21:30:55|
  2. マミラリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

満月?望月?

満月2017-0317blog

 マミラリア・満月です。望月かな?それとも桜月?

 この種の仲間には似たものが多くて、判別がつきにくいです。昔の栽培手引き書には、真っ白な刺を着ける品種を雪白丸と言い、その変種として少しピンクがかった刺の物を満月、もう少し赤みが強い物を望月、もっと濃い色の刺の物を桜月と言うという風に記載されていました。しかし、それらの違いは微妙で、よくわかりません。この苗はきれいな褐色刺をしています。

 この満月の仲間は、以前から好きで何本も育てていましたが、少し大きくなると腐ったり、成長障害が起きたりと、すんなり大株にはなかなか育ちません。この満月の仲間もマミラリアの軟質系と同じなのでしょう。まめに植え替えして、水を控えて作らないといけないのでしょう。本来成長はかなり早いほうのようです。うまく育てれば形の良い群生株が出来ると思います。この苗もやっぱり植え替えしてやった方がいいんでしょうね・・・・。
    




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2017/04/14(金) 21:04:22|
  2. マミラリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

希望丸の花です。

希望丸単管2017-0403blog

 マミラリア・希望丸の花が咲いています。

 単幹で、直径9cm、高さ12cmくらいです。花はきれいな濃いピンク。直径1cm足らずの小さな花で、疣の間に埋もれたような咲き方です。真っ白な刺と毛にピンクの花がよく映えます。元々背が高くなった苗を切り取って挿し木した、上半分でした。そのカットした下半分の苗に子供が出たのが前にご紹介したこの群生苗です。うまく子吹きしてくれれば,こんな風にいい群生株が出来ます。

希望丸群生小2017-0212-2blog

この単幹の方もまた背が高くなりすぎてきたようです。また胴切りしたいところですが、色々用事が多かったり、体調が優れなかったりで、もう少し延期しようかと思っています。まあ、多少伸びすぎても問題はないでしょうから。
    




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2017/04/13(木) 18:19:45|
  2. マミラリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緋牡丹錦接ぎ木苗の色変化

緋牡丹錦接ぎ木2016-1226blog
 
自家実生の緋牡丹錦のキリンウチワへの実生接ぎ苗です。

 上の写真は2016年12月撮影の物。黄色の部分が多いです。ほんの少し赤みが出かけている状態。去年から今年にかけてはエアコンの導入によって余り温度が下がらず、色づきは少なかったようです。

緋牡丹錦接ぎ木2017-0403blog

そしてこれが今年の4月の写真です。

 本当にこれが同じ苗?と言いたくなるような色の違いです。黄色の部分は真っ赤になり、緑の部分は色が濃くなって、黒に近いような色合いになりました。蕾も出始めています。そのうち咲くでしょう。

 この苗、もっと小さな時は斑柄が良くて、これは将来有望と思えたのですが、大きくなるに従って左から下の部分にかけての斑が広まり、緑の部分が少なくなってきました。最近の斑回りではまあ、上斑という所でしょうか。ちょっと残念です。

 この苗、そのままにしておくとキリンウチワの台木が弱ってきたときに一緒に枯れてしまうおそれがあります。その前に接ぎ下ろしをしたいのですが、うまくいくでしょうか。緋牡丹錦は背が低く、台木を全て取り去ってしまうと、かなり背が低くなってしまいます。キリンウチワの台木はかなり穂の内部まで入り込んでいることが多く、それを全て取り去らないと、うまく降ろせないことが多いです。

 今度降ろすときには、芯の部分だけをえぐるようにして切り取ってみようかと思いますがどうでしょう。キリンウチワの芯の部分は硬くてなかなか切れないようなので、ちょっと自信がないですが・・・・。やってみないことにはどうなるかわかりませんね。
    




にほんブログ村 花ブログ サボテンへ
にほんブログ村

おもしろいと思ったら”ピッ”と押してください。カウントされます。ただカウントされるだけで他の情報が伝わることはありません。
  1. 2017/04/12(水) 20:45:02|
  2. ギムノカリウム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

ysc726

Author:ysc726
サボテンとカメラを趣味とする男性です。
サボテンの魅力を引き出してサボテン愛好家を少しでも増やせるようなブログにしたいと思っています。
サボテン以外の写真も含まれるかもしれませんが。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
マミラリア (453)
牡丹類 (30)
ハオルチア (97)
私の経歴 (1)
兜丸類 (73)
プレゼント (2)
ギムノカリウム (65)
ランポウ類 (117)
エピテランサ (43)
エキノカクタス (115)
ベンケイソウ科 (7)
ロホホラ (37)
テロカクタス (36)
ネオポルテリア (7)
毛柱類 (5)
エケベリア (5)
ノトカクタス (16)
グルメ (2)
クリスマスローズ (1)
ソリシア (3)
フェロカクタス (40)
ジャズ (1)
野菜と花の栽培 (102)
水やり (1)
植え替え (1)
アストロフィツム (14)
エキノケレウス (11)
タケノコ (1)
接ぎ木・接ぎ下ろし (46)
サボテン写真集 (1)
実生・採種 (39)
クラインジア (17)
エキノプシス (8)
多肉植物 (20)
その他 (66)
コリファンタ (10)
旅行・行楽 (15)
肥料・栄養剤 (1)
ペレキフォラ (45)
ホマロケフェラ (5)
ロビオプシス (13)
アガベ (8)
ユーベルマニアナ (23)
ロビビア (6)
コノフィツム (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR